2018年01月25日

繁忙期は、不動産業だけじゃない!建設・リフォーム業者も忙しい( ゚Д゚)

こんばんは、僕です。

1月ももう終わりですね。いやはや、あっという間です( 一一)

シェアハウスといえど、部屋を提供している以上、不動産業と同じです。
皆さん、お部屋を探し始める時期ですね。

1〜3月は、お部屋を探す人が多い、という事は・・・退去する人も多いという事です。

僕が管理しているシェアハウスも、この時期は特に入退去が激しいです。
長年住んでいる方が退去されると、お部屋の損傷や劣化もかなりのものになります。(´・ω・`)

僕の会社では、普通に暮らしていれば、修繕費はかかりません。経年劣化であればしょうがないですからね(>_<)

そういうお部屋は、やはりリフォームをしなければ、次の人にお部屋を貸すことが出来ません。

僕は今まで、お部屋に限らず、水回りなどの共有部の改修工事のために、多くのリフォーム業者に連絡をし、現調(現地調査)をしてもらい、見積もりを取ってもらい、業者に依頼をしていました。

自分で、一つ一つの業者に連絡をして、探すのはとても効率の悪いなと思ってました。

ネットで、そういうのばかり調べてると、おのずとネット広告もリフォーム業者ばかりになってしまいました。( ゚Д゚)

なんで、そんなに業者を探しまくったのかといいますと、やっぱり安いほうがいいじゃないですか・・・

だからといって、必ずしも「安いから、この業者にしよう」というわけでもないです。

「安くてうまい!」のように、「安くて、いい出来栄えだ!」と思える仕事をしてくれる業者さんでないと。

出来栄えは、依頼をして施工完了してから見てみないと分かりません。

なので、いつも最安価のとこではなく、最安価より少し上のところでお願いしたりもします。

もちろん、安くて上手なところがベストですが、ネットで見ただけではなかなか閲覧者に伝わってきません(T_T)

せっかくなら、「一括で探せる、そして評判・口コミなど見れたり聞いたり出来る」のが一番楽で信頼出来ますよね。


この「リショップナビ」は、全国対応しているので、多くの方が見られている「業界No.2」リフォーム業者サイトになります。
見積もりは、もちろん無料です。(むしろ有料のところは、あるのでしょうか)

流れとしては、
@問い合わせフォームを記入
Aコンシェルジュから電話連絡
Bコンシェルジュから、条件に合ったリフォーム会社を最大5社ご紹介
C現地調査の日程などの調整・及び現調
D見積り
E納得したら、施工依頼の契約・施工

木下工務店・Lifevalなど、大手建築・リフォーム会社等とも提携をしており、施工実績や保険の加入状況等の審査基準を満たしている優良企業が揃っているかと思います。

リショップナビでは、「リフォーム保証制度」というのがあるので、施工中・施工後にミスや不具合が生じても、その費用もカバーをしてくれます!

一つ一つ、業者に連絡をすると、
・自分がどこに依頼をしたのか
・どの業者さんからどのような提案をされたか
・いろんな業者さんから、ほぼ同時に連絡が来る

「リショップナビ」でお願いをすれば、コンシェルジュが間に入って紹介をしてくれるので、上記のように、混乱せずに済みます。

リフォーム工事をする、となる時、大体急ぎの時が多いと思います。

「そろそろリフォームするかなー」ってぼんやりと考えて依頼をすることって、あまりないと思うんですよね(´・ω・`)

「リフォームしなきゃ!」「直さなきゃ!」って時が、ほとんどかと思います。

また、最大5社まで紹介はしてくれますが、業者さんのスケジュールによっては、現調の日程などが都合が合わないことがあります。

見積もりを依頼をしてから、「では、依頼をしてすぐにやってもらおう」となっても、またまた業者さんのスケジュールによって、すぐに施工が出来なかったりもよくあります。

材料や職人さんを手配しなければならないからです。

1〜3月って、僕の得意先の業者さんも結構忙しいって言ってました。

早めの問い合わせ・見積もりをおすすめします('ω')ノ

p.s 見積もりだけは、先にとっておくべきです。多くの見積書には「有効期限」が記載されているはずなので、余裕持って、比較・検討が出来ます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


posted by 2歳児のパパ at 23:34 | Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする