2018年04月18日

ルームシェアとシェアハウスの違いとは?ドミトリーって?

こんにちは、僕です。

お客さんとの話の中で、

客「ルームシェアしていました。」

僕「3LDKとかの部屋を友達と借りていたんですか?」

客「いえ、戸建てを友達と借りていました。」

僕「(ん、それはルームシェアというよりシェアハウスでは・・・?)」

僕の中では、ルームシェアはマンションタイプの2LDKとか3LDKの部屋をみんなで借りる事をそう呼ぶものだと思っていました。

という事で、世間一般でいうルームシェアを調べてみたので、ご紹介します(´・ω・`)

■ルームシェアとは
ed6ccda376c276edb35cbc8af53d8c67_t.jpeg

ルームシェアで調べると、下記が出てきました。

<デジタル大辞泉> 
家族や恋人ではない人と、同じ住居の中で生活をすること。個室を専有し、台所・食堂・浴室・便所などは共用とするのが一般的。

<知恵蔵> 
1つの住宅に他人同士が同居する住まい方。欧米では、ルームメイト募集に見られるように一般的。

<大辞林 第三版> 
他人同士が、共同で一つの部屋を借り、分け合って住むこと。


他にも、一つの部屋に複数人で住むというのもありました。
ってことは、僕もお客さんの認識もあながち間違ってはいない事になります。

・一つの「住宅」に複数人で住むことを指す。
・一つの「部屋」に複数人で住むことを指す。


シェアハウスのようでありながら、ルームシェアにも同じような意味合いがあるようですね。

「これを知っているからこうなる」というのはありませんが、知識があればお客さんから信頼を得る事にもなるので、いいきっかけになりました(=゚ω゚)ノ

料金もルームシェア(3LDKなどを3人で借りる場合)だと、家賃12万を3分割するので毎月4万円くらいで済みます。
シェアハウスも、4万〜7万円のところが多いです。


よって、友達と住むならルームシェア。
海外の人や様々な職業の不特定多数と知り合ってみたいのなら、シェアハウスという考え方になります。

僕もアメリカにいたときは、2LDKを友達2人と借りて、合計3人で借りていました。
一人だけリビングにベッドなどを置いたりして、部屋感覚で住んでもらっていてプライベートも少なかったため、少し家賃を抑えめにしてました。

友達同士のルームシェアでも、配慮がかなり必要です。
干渉しすぎると関係が崩れることも・・・(そうなりかけてた時期もあったので、互いに深入りしないようにしてました)

メリットは、「楽しい」と「いいグレードの部屋に安く住める」です。
デメリットは、「一人がいなくなったら、別の人を済ませないと家賃が高くなる」ところです。


例えば、全員が大学生で卒業時期が同じなら、就職先によってはずっと一緒かもしれないですし、バラバラになるかもしれないので、誰かがいなくなったからといって家賃が高くなる事はなくなるので、同期とルームシェアはオススメですね。

また、似たようなタイプでドミトリーという住居タイプもあります。

■ドミトリーとは?
1194fe1e08f80d607a5b3369a0a5b691_t.jpeg

ドミトリーは、不特定多数の人と同じ部屋に住むというもの。
文字通り「同じ部屋に複数人」です。

例えば6畳くらいの部屋に、二段ベッドを二つくらい設置して、4人で6畳を共有するというもの。
見ず知らずの人と狭い空間を共有するのは、ストレスも半端ないかもしれません。
合宿している感覚に陥ります。笑

年齢層が近ければまだ話しやすいかもですが、そう上手くはいきません。
貴重品は常に持ち歩いていないと高確率でなくなる(盗まれる)そうですm(__)m

プライベートがゼロなので、料金は2〜3万円台の賃料なのでかなりの割安ですが、リスクがあるのが難点。

「シェアハウスに住むやつはお金のないやつ」と言われていますが、ドミトリーも同じように言われています。

僕の住人さんでも、ドミトリー経験者がいて、色々話を聞きました。

そのドミトリーではよく事件が起きていたそうです。
ちなみに都内です。

盗難は当たり前。
警察が立ち入るのを何度も見たそうで・・・
逮捕されて退去となりましたが、次に入った人も逮捕されたそうです。

「ここは犯罪者を生む物件なのか?」と思ったらしいです( ゚Д゚)

ドミトリーに住んでいる人には申し訳ないですが、ドミトリーに住むのは絶対にオススメしません。
いい意味でも悪い意味でも人生は変わります。

どうしても家賃を安く抑えたいのであれば、割引キャンペーンをやっているシェアハウスや物件に住んで、あとは必死に働いて稼いでもっといいところに住む事を考えたほうがいいです。

安いところにはそれなりの人が集まります。

そうゆうところに住むと、同じような空気間や雰囲気が自分にも浸透してくると、精神的にも経済的にもきつくなってくるかもしれません(-_-)
住居選びは、住む環境は当たり前ですが、入居者の属性も見るのが大事なのは繰り返し書いています。(そのくらい重要です)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 11:03 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

シェアハウスを実際に内覧するときの注意点

こんばんは、僕です。

本日、久しぶりにお客さんを物件までご案内をしました。

物件自体は、当然ですが週に2〜3日ほど巡回・清掃・メンテナンス等をしているのですが、久々に案内となると思わぬものが見えてきて、「こーゆうところをお客さんは見てるだろうなー」って思いました。

どんな仕事にも言える事が、ユーザー視点で物事を考えなければいけないと思います。

そこで、お客さんを案内していて、僕自身が感じたシェアハウスを内覧するときの注意点・ポイントについてお話をしようと思います(´・ω・`)

12f482ccad8f710ae5dbc9c51a9fe25a_t.jpeg

■張り紙が多いかどうか
シェアハウスにはいろんな人が住んでいます。
他の人との共同生活は、互いに波長を合わせないと上手くいきません。

例えば、キッチンに使ったままのフライパンやお皿があったりします。
他の人の事を全く考えない人がいるのも事実。

常識的に自分が使ったものは最後は片付けるものです。
(小さいころ、親に注意とかされなかったんですかね・・・)

それが出来ていない人がいるため、ストレスを感じる住人さんもいます。

そうなると、飛び火(クレーム)が管理側に来ます( 一一)

そこで、張り紙の登場なのです。
だって、誰がフライパンとかお皿をそのままにしているのかが分からないからです。

張り紙が多いから、問題があるシェアハウスなんだ」と思う人は多いです。

逆に、「張り紙が多いってことは、みんながそれを見て、ルールは守られているはずだ!」と思う人もいるかもしれませんが、それは考え直したほうがいいかもしれません。

張り紙の内容によりますが、同じような張り紙が何枚もあったら、それはルールが全然守られていない事になります。

どんな内容で注意書き・張り紙がされているのかを、今後機会があれば見るようにしてください('ω')ノ

■ハウスの整備が細かいところまでされているかどうか

内覧の時は気づかなかったけど、住んでみたら意外と細かいところが汚れている、という経験はありませんか?

僕は今の賃貸に住んでいて、このように思いました。

修繕も依頼していたのに、いざ入居日の日に入室してみると直っていなかったり、掃除が出来ていなかったり。(破損しているところはその場で写真を撮りました。たかが掃除が出来ていないというレベルで連絡するのも面倒だったので、管理会社には特に言わず)

シェアハウスは多くの人があちこち移動しまくります。
中には仕事に間に合わない!って走って外に出ていく人もいます。

なので、ホコリとかもたまりやすいです・・・
規模が大きいハウスほど、汚れやすいです。
キッチンとかシャワー室とかトイレだって、小さい物件に比べたら利用頻度は高いです。
そりゃすぐに汚れます(;^ω^)

他シェアハウス会社は分かりませんが、うちの場合、内覧前には掃除をするようにしています。
実際に見に来て、共用部とか汚かったらガッカリですよね。写真では綺麗に映っているのに(-_-)

実際にシェアハウスを見に行った時は、よく目につくキッチンの調理台やシンクだけでなく、階段の手すりとか、共用部の隅っこなど細かいところにも注視してみましょう。

注:細かいところまで見るのはお任せしますが、「細かいところが汚れているから管理がずさんだ!って思う人は、シェアハウスに向いていないかもしれません。だって清掃を行った日の夜にはもう汚れている事が多いですから・・・そのゴミの溜まり具合で判断をしてみてください。大量に溜まっていたら、全然手をつけていない事になります。)

■どうゆう人が住んでいるか聞いてみよう
シェアハウスで一番気になるのは、やはりどうゆう人が住んでいるかだと思います。
前にも話しましたが、住人=商品という考え方がシェアハウス運営会社にはあります。

住人さんによって、そのハウスの雰囲気が形成されます。

若い人・学生が多ければ騒がしいかもしれない。
30代〜40代が多ければ、比較的落ち着いていて静かな物件かもしれない。

など、住人さんの年齢・国籍・職業等である程度、ハウスに対するイメージが出来ます。
そして、担当の営業さんにハウスの雰囲気について具体的に聞いてみましょう

毎晩みんなでごはんを食べているのか。
シャワー室は混むのかどうか。

などです。

少し僕の闇の心を出させてください(*ノωノ)
ここだけの話、シャワー室は混みますか?という質問をいただく事があります。
人によってシャワーを使う時間は皆さんバラバラです。
お客さんにとって当たり前の時間に、他の人が同じ時間にシャワーを使うかどうかは分かりません!
ただ、営業としては「皆さんのライフスタイルはバラバラなので、あまり混むことはないですね(=゚ω゚)ノ」と言わざるを得ないですが。

シェアハウスなので、混みあうかどうか心配するなら、一人暮らしをしたほうがいいんじゃないかなって密かに思います・・・

■おわりに
シェアハウスを内覧する時の注意点として書きましたが、根本的に普通の賃貸アパート・マンションを探すのと同じです。見るところが増えただけです。

気になるいい物件があっても即決をせず、しっかり考えて選んでくださいね('ω')ノ

また、実際に内覧する時は、事前に気になる事をすぐに聞けるように質問リストを作って、メモ帳とかも持っていくといいでしょう。家具とかも持ってくるなら、メジャーも忘れないように!

もう4月の中旬ですが、まだ空室があるシェアハウスはあるので、気になる方は一度見学してみてください(*^^)v

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 23:08 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

シェアハウスの大手「オークハウス」にどうして人が集まるのか・・・

こんにちは、僕です。

シェアハウスという業界はニッチでありながら、その歴史はなんだかんだ20年以上前から存在していた住居形態なんです、実は。

今でこそたくさんのシェアハウス運営会社があり、中にはテレビで「オーナーに家賃払えない」会社もちらほらいると思います。

自動車メーカーや電機メーカーなどにも大手企業があるように、シェアハウスにも大手企業がちゃんといます。

e9d35088ee0251583fadbd636b019a89_t.jpeg

それがオークハウスです。

オークハウスの歴史はかれこれ20数年だったと思います。
ある意味、シェアハウスのパイオニア的な存在です。

物件エリアは、関東圏はもちろん、ここ数年で関西にも進出しています

オークハウスのサイトを見てみると、特徴的なのが住人さんを巻き込んだサイト造り・コンテンツ造りが上手というか・・・なんか惹きつけられるんですよね。パーティーや定期的なイベントを、各物件で行われています。

9cc0545bd4fa5a5ce64c7b9397b7a122_t.jpeg

特に「お散歩隊」というのがあり、その町をお散歩してお店でご飯を食べたり公園で遊んだりと、この町に住めばこうゆう事が出来て楽しいですよというコンテンツになっています。

確かにマーケティングの本にも、これを買ったらこれが出来るようになるとか、ここに住んだらこうゆう暮らしが出来ます、と消費者にイメージしてもらうのがいいと書いてありました。

説明がうまくできませんが、引っ越しの場合、そこに住んだらどうゆう生活が出来るのかってイメージがなかなか出来ない人が多いと思います。
なぜなら、知らないところに引っ越す人が多いからです。

お散歩隊というコンテンツで閲覧者にイメージをさせて、物件画像や家賃などを見てから内見に来てもらえば、契約の確率も高くなります。

なぜなら、脳内でほとんどの事をイメージ出来ているから。イメージでは、ここいいかも!と思ってきてくれるから。

実際に見に来て契約しないという大体のケースは、物件のイメージがサイトと違った、変な入居者を見てしまった、細かいところを見ると掃除がなされていない、などイメージとリアルの乖離(かいり)しかありません。

あとは、サイト上の情報と物件担当者の話の内容が違う(嘘とか)とか・・・

サイト上の情報と担当者の話の内容が違うって普通あり得ませんけどね。
考えられるとしたら、全ての情報を入れるとサイトが読みづらくなったり、バランスが崩れるため、担当ベースで対応するように言われている可能性もある。

と勝手に分析してみたはいいが、そんな事はどうでもいいんです( 一一)

シェアハウス 口コミ」で調べると、いくつかの運営会社の悪い評判などの口コミが書いてある掲示板があります。

一番多かったのは、女性専用のハナサカスと、家賃払えないでトラブっているかぼちゃの馬車のところ
口コミの内容を見ると、よくそんなんで管理・運営してるなっていう印象。
(気になる方は自分で見てみてください)
めんどくさいことは、全然やらないっていう感じ(-_-)

そして、オークハウス
僕が最初にそのサイトを見てた時は、たくさん口コミがありました。

例えば、住人が騒いでいるのに、駐在スタッフは注意もしないで一緒に騒いでいる。(他の人はとても困っていたようで)

物件にネズミが出たときの対応も、簡単な手書きで注意書きがされているだけで、住人さん曰くアルバイトが書いたかのような注意書きが共用部に貼りだされただけで、特に対応がなかった。

など、対応がずさんという口コミが多数。
そして、元オークハウスのシェアハウスの住人さんだった話から聞くと、

10人入居したら6人は出ていくと聞きます。
理由は、・うるさい・契約の内容と話が違ったなどです。

それを何回も繰り返していき、最終的に満室に持っていくっていう話でした。
もちろん、昔と今は違うかもしれません。

と、思いましたが、オークハウスの口コミだけどんどん削除がされているようです
いろいろとイメージさせてくれますね(;^ω^)

大手老舗であるオークハウスがそうゆう事をやると、シェアハウス業界全体に影響を及ぼします

だけど、オークハウスは人材派遣会社や大学・世界的にも有名な語学学校と提携をしたり、その勢力はどんどん拡大していっています。
その営業力・マーケティング力は、シェアハウス業界の中では随一。

オークハウス=騒がしいというイメージしかありません。
物件の規模もピンキリですが、落ち着いた暮らしをしたい、社会人の方にはあまりオススメはしません(T_T)

何か購入するとき、ネットで口コミとか調べたりしませんか?
シェアハウスも同じです。

気になるシェアハウスの口コミを必ず調べてほしいです。
口コミがなければ、その掲示板に書き込んでみてもいいですし、面倒ですが実際に見に行ったほうがいいです。

アパート・マンションと違ってシェアハウスは特殊なので、事前の情報収集はしっかりしてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

PS ちなみにオークハウスを非難するためにこの記事を書いたわけではありません。
オークハウスの口コミは知っていたからこそ、この集客力・人を惹きつけるのは何なんだろうと興味本位で書きました。また、その口コミを読んで、「シェアハウスってこうゆうところしかないのか」っていう考えを持ってもらいたくないという、思いもあったからです。
先入観もあると思いますが、それだけで距離は置かないでほしいと切に思いますm(__)m

posted by 2歳児のパパ at 14:59 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

シェアハウスのマーケティングって難しいと思う

こんばんは、僕です。

僕は今仕事でマーケティング・ネット販促の業務に携わっています。
仕事に生かすため、少ないですが、マーケティングの本を2冊読み終えました('◇')ゞ

しかし、シェアハウスというニッチな業界ゆえ、書籍に書いてある内容がこの業界でも使えるかどうか疑問に思っているところです・・・

自分のものにするために、しっかり読み込みこんでたくさん読んで生かしていきたいと思います( 一一)
ただ、ノウハウコレクターにならないように、しっかり実践してたくさん失敗していきたいです。笑

7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_t.jpeg

■シェアハウスのマーケティングは、本当に分からない
ビジネスにおいて、何事も正解はないと思います。
しかも、世間一般でいうメジャーな業界でもありません。
メディアで取り上げられているにも関わらずです( ゚Д゚)

下記が考えられる懸念点です。

・賃料を下げるだけでは価格競争に巻き込まれる。
オーナーにも支払うお金もあるため、価格を下げて入居率を上げればいいってわけでもない。

・どのエリアに物件を展開するのは代表が決める、与えられた物件の販促を行わなければいけない。
不動産業・シェアハウス業をやる以上、エリアのせいには出来ない。

・大きい会社のシェアハウスはどこも設備が似たり寄ったり。
ビリヤードがあったり、防音室があったり。

■懸念点を上げるも、解決策は今のところ思いつかず。
ここで答えが出たら、この記事を書くこともなかったでしょう(´・ω・`)
自分の頭を整理するためにも書いています。

差別化が大事なのは、分かっています。
どれも同じ商品だったら、安いものを選びますよね?
全て同じだったら、上でも書いたように価格競争をしてみんな共倒れですよ(;^ω^)

他社と差別出来るところはなんなのか?

初期費用なのか?
設備なのか?
イベントなのか?

これに関しては会社で徹底的に話し合う必要があるんですが、各々業務が立て込んでいて、打ち合わせすらも出来ない。結局自分で考えなければいけない。本来、マーケティングって、担当だけじゃなくていろんな部署を巻き込んで行う施策だと思うんですけどね・・・

3C分析(Competitor:競合、Customer:お客さん、Company:自社)は、マーケ担当だけでなく、営業部隊もやる必要があるんですよ。

全て網羅しておけば、法人・個人に対していろんなアプローチが出来るじゃないですか(-_-)

■シェアハウスに求めるものは、人それぞれ
シェアハウスのメリットとして、1.交流がある 2.初期費用が安い 3.海外の人と関わる機会があるがメインだと思います。

交流に関しては、一人暮らしでは味わえない、帰宅したら電気ついている・誰かがいるから安心できる。

初期費用に関しては、敷金・礼金・仲介手数料がないから初期費用を抑えれる。
さらに家具家電付きだから、新しく買う必要がない。

海外の人と関わる機会が日常的にあるのは、シェアハウスや民泊くらいでしょう。
シェアハウスは民泊より期間が長いので、より密に触れ合う事が出来、その分言語や文化を知る事が出来る。

僕のいる会社は上記のいずれかに特化したものになっています。
そして、他社もいずれかに特化しています。

全てを満たすところは、恐らく数少ないでしょう。
ほんの一握りだと思います。
なぜなら・・・

■お客さんも商品なんです
言い方は悪いかもしれませんが、事実です。
分かる人には分かります。
今までのシェアハウスについての記事でも触れてきました。

なぜなら、シェアハウスの雰囲気は、住んでいる人によって変わるからです。

・綺麗好きな住人さんが多かったら、その物件は綺麗でしょう。

・外国人が9割いたら、そこは国際シェアハウスでしょう。

・料理好きな住人さんがたくさんいたら、料理教室が開かれて料理教室シェアハウスかもしれません。

・カップルが誕生しまくっているシェアハウスなら婚活シェアハウスかもしれません。

商品=住人さんによって物件の雰囲気が変わり、そしてそれはマーケティングでいうブランディングに繋がっていくのだと思います。

その物件のブランドに合わせた集客をするのが一番てっとり早く一番楽。
では、そうでない物件はどうするのか。

物件の立地や周辺情報をめいいっぱいアピールするのか?
多方面へのアクセス面をアピールするのか?

こうやって何をアピールするのか材料があるだけマシです( ;∀;)
(何かしら材料はあるんですけどね。その材料がありきたりなので困っています。)

■分からなくても進むしかないのが仕事だと思う
立ち止まるのが一番良くないと思うので、まずはやってみるしかないと思います。
PDCA(Plan, Do, Check, Action)をしっかりやって、調整して実行して検証して実行しての繰り返しをするしかないです。


集客とかネット関連って結果や成果が表れるのに、ある程度の期間が必要です。
シェアハウスなので、当然繁忙期・閑散期があります。

もう4月なので、繁忙期は終わったかのようにも感じますが、問い合わせはまだまだあります。
若干落ち着いてきた中で、どれだけスピーディーに仕事をこなせるかが、大事だと思います。

幸いにもシェアハウスは海外の方に特に需要があるので、次の繁忙期は6月か9月になるので、それまでにどれだけ他社にお客さんを取られないようにするかを考えないといけないです( ゚Д゚)

僕が今他のスタッフに求めている事は、画像の再撮影です。
画像の良し悪しが、8割9割決まるといっても過言ではありませんm(__)m

僕だったら、場所がどんなによくても画像がしょぼく見えたら、古そう・狭そうと感じたらそのページから離脱します。

まずは、出来るところを各担当に仕事を振って、僕はそれを待っている間にキャッチコピーや文章の校正をします。仕事は手分けしないとね!

僕もまだまだ勉強中ですが、心理学的に文章でも人の購買意欲を引き上げられるので、今後はそこに尽力したいと思います!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

PS 次は、心理学マーケティングについて読もうか、もう一度ライティングの本に戻るか悩み中。
一度読んだ本より、新しいビジネス書を読むのが最近楽しすぎるんです!
いろんな実績・事例・経験を知る事が出来るのが、面白いんです( *´艸`)

おやすみなさい!

posted by 2歳児のパパ at 23:30 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

シェアハウスでのトラブル集

こんばんは、僕です。
今日は少し住人さんとじっくり話す時間があったので、ハウスについて・住人について、いろいろと話せたいい1日でした(^-^)

住人さんとのコミュニケーションも重要で、お互いの意見も交換しつつも、「シェアハウスとは?」という根本的な話もしました。

僕はかつて自社管理のシェアハウスに住んでいましたが、シェアハウスを離れてからは管理側の意見や考えばかりになっていました。
どの職業にも言えるかもしれませんが、顧客の事を考えない商売は、商売として成り立たないと思います。

住人さんから詳しく話を聞いていくと、トラブルが意外にもあるそうで。
不思議な事に、そこの住人さんは不都合な事があっても会社や担当の僕に連絡をくれないんですよね・・・

めんどくさいのか、僕と話すのが嫌なのか・・・
どちらにしても、ハウスのトラブルで連絡がないのは困ります。
だって、新規のお客さんを案内しているときに、事実と異なった事を伝えてしまうかもしれないから。

シェアハウスに興味がある・シェアハウスを探している方に向け、どうゆうトラブルや問題があるのか、僕の体験談を踏まえながら話していこうと思います(´・ω・`)

405094m.jpg

■騒音
シェアハウスは、他の人と共同生活をします。
育ってきた環境も違ければ、価値感やその他感覚も違います。

本人は普通に音楽を聴いていても、他の人からしたら音が大きいと感じて、トラブルの元になります。本人は普通に聴いているだけなので、なんでそんな事言われなきゃいけないのか、向こうが敏感すぎるんじゃないの?って言ってきたりします。

管理側としても一番面倒な部分です。
管理者自身がその場で聞いていれば、現行犯で注意をするんですが、そうもうまく行きません。
そうゆう場合は、1人ではなく複数人からのクレームといえば、大体治める事ができます

部屋内でのトラブルは音楽・携帯電話・ドアの開け閉めが一番多いですかね(-_-)

共用部に関しては、洗濯機ですね。
業務用にしろ家庭用にしろ、洗濯機は稼働中、意外と揺れます・・・
僕自身、洗濯機の横揺れはマジでどうにかならないかなって感じます( 一一)

んで、うちのシェアハウスの場合、夜間の使用は禁止しています。
にも関わらず、ルールを無視して、洗濯機をまわす人もいるんですよ・・・

自分が寝てるときに、他の人が洗濯機を回したら、気にならないのかな(´・ω・`)

■物がなくなる
多くのシェアハウスには、共用部のキッチンに電子レンジやコップなどのキッチン家電・キッチン用品があります。

以前、炊飯器を追加で置いたら、3日後にはどこか旅に出てしまいました( 一一)

箸を100均ショップで5膳ほど買ってきたら、4膳ほど消えていました( ゚Д゚)

これらは同じ物件で起きた内容です・・・
2度と買って置いてやるか!って思いましたm(__)m

住人同士のトラブル
上でもお伝えしましたが、シェアハウスはいろんな環境にいた不特定多数の人が集まる住居形態になります。

しっかりしている人もいれば、ルーズな人もいます。

例えば、フライパンやお皿を使った後、洗わない人もいます。
トイレも汚したら、特に拭くこともせず。

次にその場所を使う人の事を考えないで生活をしている人は、いつしか他の住人から注意をくらいます。

そうすると、なんでお前にそんな事を言われなければいけないんだ!って言われる事もありました。(今はあまりないですが・・・)
注意した住人は、間違ったことは言っていないのにも関わらず、いちゃもんをつけてくる吾輩も昔はいました。

また、人として当たり前の挨拶すらもしない人もいます。
せっかくだから、というわけではありませんが、同じ屋根の下に住んでいるのですから、挨拶ぐらいはしてほしいものです。

その後に、何か他のトラブルや問題があったときや困ったときに、互いが協力しあう事も出来るし、挨拶をするだけで気持ちが晴れたりしませんか?

当たり前の事が普通に出来ないって、子供じゃないんだからそのくらいはしっかり挨拶しようよって僕は強く思います。

挨拶したのに挨拶されないのって、こっちの身にもなってほしいですm(__)m

ネズミやゴキブリ等がいる恐怖
古い物件だと、ネズミやその他生き物が物件内に侵入してくることがあります。
田舎ならハクビシンとか。

ゴキブリに関しては寒い地方に行けば出てこないと思いますが、関東圏はほぼどこにでもいると思います。ゴキブリは動きが速いので、恐怖そのものです。
本当に見たくもない存在です。笑

ネズミに関しては、都心の物件なら安心だろうと思っている方は、その考えは捨ててください
むしろ都心だからこそ、かなりの数のネズミがいます。

ネズミの繁殖力・成長速度はとても早く1回の出産で平均6匹前後だそうです
そして、子供を産める体に成長するのに数週間との事・・・
ってことは、

1匹→6匹→数週間後→6匹×6匹で=36匹/1カ月

放置した場合、単純計算で1年で432匹・・・
そうなったら、その物件はおしまいですね( 一一)

ネズミの何が危険かって、病原菌を持っているところです。
いくつか簡単に紹介します。

・サルモネラ菌
致死レベルまではいかないようですが、子供・高齢の方は重症レベルになるそうです。
症状としては、嘔吐・腹痛・下痢。強めの風邪のような症状ですね。
薬やワクチンはないようで、食材等にしっかり熱を通して予防するしかなさそうです。

E型肝炎
ウイルス性肝炎の一種。
同じく薬等はない。黄疸、嘔吐、発熱等の症状が出る。

・腎症候性出血熱
中国でこのウイルスが発見され、日本では1960年頃から流行り始めたようです。
(今はあまり見られないそうです)
症状は発熱、頭痛、腎不全、皮下および臓器における出血。
特効薬等は存在せず。

他にもいろいろと病原菌や病気を持っているネズミですが、国内では稀な事らしいです。
だからといって油断は出来ない事例です。

ネズミが出る物件は、いろんな運営会社のシェアハウスでもあるようで、口コミでもそのような事が書かれているのを見ます。

普通に生活をしていたら、ネズミと縁がないのが普通かもしれませんが、部屋を探す際は一応そのあたりも触れてみてもいいかもしれません(´・ω・`)

■まとめ
以前の記事でもお話しましたが、結局は住んでいる人次第で、シェアハウスを楽しめる楽しめないが決まってきます。もちろん、ハウスルールを守る守らないも住人さん次第。

管理側がどれだけ注意をしても改善されない事だってあります。

シェアハウスの口コミとか見てみると、上記のような住人さん同士のトラブルは本人たちで解決してくれっていう管理会社もいるようです。

確かに当人同士で話したほうが、話にずれが生じないのでスムーズかもしれませんが、もし話がうまく進まないでヒートアップしてしまったら・・・?

うちの場合は、本人が望むなら話を進めてもらって構わないですが、基本的に何かある場合は管理側である僕たちに連絡をするようにと住人さんに伝えています。

だって、住人さん本人がクレームを言いにいったら、その後の生活がしずらいじゃないですか(´・ω・`)

もちろん、相手に話す時は、きちんと名前は伏せるので、誰がクレームを言ってきているのかは分からないと思います。

何事もなかったかのように、問題が解決するのが一番いいんですよね。
波風立てたくないですし( 一一)

ありきたりなシェアハウスのトラブルの紹介になりましたが、住んでみると意外と細かいところが気になったり気にならなかったりがよくあります。

住んでみるまで分からないのがシェアハウスの面白いところでもあり、マイナスな部分でもあると思います。

興味がある人は一度短期で住んでみてはいかがでしょうか。

また、仮にその物件がとても悪い物件だったとしても、物件グレードはピンキリなので、シェアハウスってこんなものか。それじゃ、もう住まないって考えは持たないでほしいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 23:46 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

部屋造りという大事な仕事(シェアハウス)

こんばんは、僕です。

今週はずっと帰りが遅かったため、ブログの更新が出来ていませんでしたm(__)m

帰りが遅かった理由として、海外からの入居が来週に多数あるからです。

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_t.jpeg

今まで他の担当シェアハウスの補修・修繕や、サイト関連・販促関連に追われ、部屋の準備が出来ていませんでした。

一般賃貸のアパートやマンションだと、家具家電がないのが当たり前ですよね。
(家具家電付き物件もあるところはある)

ただでさえお金のかかる引っ越し・・・
さらに家具家電も買わないといけない・・・

そりゃお金が吹っ飛ぶわけです( ゚Д゚)

シェアハウスは、家具家電が部屋内にあるのが当たり前という運営会社が多いです。

883fcf389fde8c740064e043b686b9f2_t.jpeg

例えば、ベッドがあったり、冷蔵庫・エアコンがあったり。
基本的には、ものすごく汚れていたり、傷が入っていたり、劣化している場合は、もちろん交換をします。

今回、約8部屋にほぼ同時期に入居するので、ベッドを移動したり、他のシェアハウスから冷蔵庫を持ってきたり、カーテンを買いにいったり・・・

おかげでニトリポイントがたくさん溜まります( *´艸`)

海外から直接問い合わせが来るという事は、自分の国でうちのサイト・物件ページを見て、ここにする!ってなっているので、その通りのお部屋じゃないと、閲覧者を裏切る事になります( 一一)

シェアハウスの仕事の中で、一つの楽しみでもあります。
手間でもあります。笑

だって、自分がコーディネートした部屋の写真を、ネットで見て気になって問い合わせをしてくる。
実際に案内をして、「写真の通りでいいですね」「写真より良く見えます」と言われると、感動ものです(*^^*)

(もちろん立地や賃料、その他情報等で問い合わせが来る来ないというのはありますが)

今回、入居があるから部屋造りをしたというその場しのぎの業務ではありません。

上でも話したように、サイトを見て問い合わせをくれるという事は、ネット販促にも繋がるわけです。
また、部屋の画像がしっかりしていれば、営業資料としても役立ちます。

資料を持って行って、「部屋はこんな感じです」って見せて、しょうもなかったら相手も残念に思ってしまいます(-_-)
せっかく時間を作って、足を運んで営業しに行っているのですから、万全な状態で相手方に営業をしに行きたいですよね・・・

883fcf389fde8c740064e043b686b9f2_t.jpeg

入居が決まっている部屋はそこまで力を入れる必要がありませんが、これから募集する部屋に関してはモデルルームのように、ベッド・机・椅子等の家具はもちろん、小物品(クッション・鏡・花・本など)を置いて、より鮮やかに装飾を施して、人を惹きつけられるものにする必要があります。

モデルルームのために、そこまで費用と時間をかけている会社はあまりないかもしれませんね。

シェアハウス選びの際は、立地・賃料などももちろん大事ですが、サイトの力の入れ方(文章など)・物件への愛を感じる運営会社がいいと思います。笑

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 21:16 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

シェアハウス=貧困層 この考えを改めてほしい

こんばんは、僕です。

シェアハウス=初期費用が安いは、世界的にも知られています。
(元々海外発祥ですからね・・・)

一般賃貸の初期費用だと、敷金・礼金・鍵交換代・火災保険料・仲介手数料・保証会社の費用など、まーお金がかかりますm(__)m

シェアハウスの場合、管理会社によりますが、上記の礼金・仲介手数料がまずなくなります。
(そもそも礼金を取らない賃貸が増えている)

仲介手数料が不要なのは、多くのシェアハウスは物件オーナーから借りて、それをお客さんに「転貸」しているから。
一般賃貸ですと、不動産会社がオーナーとお客さんの間に入って「仲介」するので、仲介手数料が発生します。


上記で言った、「転貸」をする事で、お客さんからしたら「管理会社=オーナー」という立場になるため、「仲介しない=手数料がない」となるわけです。

だから、シェアハウスは比較的安く入居が出来、敷居が低いものになっているんですね。

6018d0a86ea60972ab7aee1ec47e4759_t.jpeg

安いっていいじゃないですか!!
何がいけないんですか!

確かに、安すぎる賃貸って「事故物件」とか何か訳ありだと思います。

安すぎると、逆に本来の価値を失くす気がします。

シェアハウスはただでさえ初期費用が安い上に、2万円・3万円台の家賃の部屋もあったりします。

こういう安い物件があるから、「シェアハウスは貧困層が集まる場所」とか言われるんですよ( 一一)

ea0374f2235e77fa5c6b68fd7b621950_t.jpeg

安いのがウリのシェアハウスですが、中には賃料10万円クラスの物件もあったりします。

価格が高いものはやはりクオリティーも高いです( ゚Д゚)

もちろん、「場所」もあります。が、それだけではありません。

シェアハウスの中には、このような設備があったりします。

・ビリヤード
・ダーツ
・防音室(楽器演奏が出来る)
・フィットネスルーム
・サウナ
・バー
・カラオケ
・テニスコート
・バスケットゴール
・フットサルコート
・図書室


これらが全て同じ物件に付いているシェアハウスはありませんが、今のシェアハウスにはこのような贅沢な設備が整っているところもあります(*^^*)

こんな設備が整っていたら、外に出ないですね。笑
普段から利用する設備があるなら、こうゆうところに住むほうが割安かもしれないですし、何より時間を省く事が出来、非常に効率的な生活が出来るかもしれません。

安いシェアハウスは、やはりそれなりのグレードです。
もしかしたら、「鍵がない!」「隣との仕切りはカーテン!」ってのもあるかもしれません。
赤の他人とカーテンを挟んでの生活なんて、常人には耐えられないかもしれない。
だから、シェアハウス=貧困層と言われるのかもしれません。

しかし、少し視野を広げると、豪華なシェアハウスもあります。
もちろん、シェアハウスにこだわる必要もありません。

みなさんの中には、「10万円も家賃を払うなら、一人で住むわ!」という方も当然いると思います。

シェアハウスは、他人との共同生活ですし、トラブルもあるかもしれません。
気の合うハウスメートもいないかもしれません。

でも、もし!

・気の合う人がいて、
・可愛い・カッコイイ人がいて、
・コスパが良かったら、

・・・

楽しい時を過ごす事が出来ること間違いなし!だと思います。

もはやシェアハウスは、貧困層ためだのものではないです。
自分の夢のため、出会いを求めるため。
安いから住むではなく、目的を持って生活をしている方がほとんどです。

安いから住む」はやめましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

p.s
ただ、こうゆうシェアハウスに住むと、みんな設備を求めて住んでいるので、きっと混むでしょう・・・
カラオケ・フィットネスなどの設備は、利用頻度によっては、必要な時だけ利用したほうが安上がりです。

最低限の生活、最低限のプライバシー・最低限の交流があればいい」という方は、5万円前後のシェアハウスがオススメですよ(´・ω・`)続きを読む

posted by 2歳児のパパ at 23:38 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

シェアハウスにはやっぱりムードメーカーが必要

こんばんは、僕です。

この時期、問い合わせが多いため、新しくシェアハウスの仲間になる人が増えてきました。
一方で、出ていく人もちらほら・・・人が大移動する時期ですからね、しょうがないです( 一一)

やっぱりシェアハウスは、住んでいる人によって雰囲気や楽しさなどが変わります。
インドアの人達ばかりだと、共有スペースのリビングには誰もいないですし、活気も感じられません。

本当に人が住んでるの?って感じになっちゃいます(-_-)

せっかくシェアハウスに住むのであれば、他の住人さんと楽しめる物件にすべきです。

c36c0571f9522c768627d4875ea645b3_t.jpeg
■ムードメーカーの重要さ
学校とかでどのクラスにも中心となる生徒がいたかと思います。
その人がいる事で、クラスがまとまったり、イベントの時に盛り上げてくれたりしましたね。

シェアハウスもある意味、学校のクラスと一緒です。
不特定多数の人が同じ場所にいるわけですから。

ムードメーカーってすごいですよね。
・空気を読むのがうまい
・トークがうまい
・人を惹きつけるオーラがある

性格というか、生まれ持ったものなような気がします。

シェアハウスにもムードメーカーがいる事によって、自然と共有部に人が集まる環境と雰囲気が出来上がります。
インフルエンサーではないですが、周りの人を巻き込める人がいれば、そのシェアハウスに統一感が生まれ、そこに住む楽しさが倍増していきます。(僕の経験上)

■ムードメーカーがいる事によって管理会社として困る事
ムードメーカーには人が集まるといいましたが、彼らがいなくなると人が集まらなくなるという事。

確かに、今まで明るく賑やかだったシェアハウスが、ムードメーカーがいなくなることでシーンとなる事は多々あります。

そして、ムードメーカーが引っ越すとなったら、周りの人も引っ越すというケースも珍しくないです。
ごそっといなくなるから、運営・管理会社として、そこそこなダメージなのですよ(´・ω・`)

まぁ遅かれ早かれなんですけどね・・・

■シェアハウスを選ぶならムードメーカーがいるところがいい
シェアハウスは安いだけじゃありません。
ムードメーカーがいるシェアハウスなら、その人を架け橋として、他のいろんな人と知り合う事も出来るので、知り合いの輪が広がっていき、人脈も作る事が出来、プライベートを充実させる事が出来ます。

でも、ムードメーカーが学生の場合、そのシェアハウスはやめたほうがいいかもしれません。
彼らは、エネルギーに満ち溢れているため、毎日のようにパーティーや飲み会をハウスでやる事もあります。

社会人の人達は、ただでさえ仕事で疲れているのに、家に帰っても騒がしいとゆっくりする事すら出来ないです(._.)

■まとめ
要約すると、内見の時は、物件のハード面(外観・居室・設備等)だけでなく、ソフト面(住人の属性・雰囲気等)を重視してみてください('◇')ゞ
物件のハード面は、サイトでも画像見る事が出来ますが、ソフト面は管理会社から聞かないと分からない部分です。入居前には必ず確認するようにしましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 23:50 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

住居と仕事が同時に見つけられる(トーキョーダイブ)

こんばんは、僕です。

もう3月の中旬ですね。
皆さんは、引っ越し先や仕事などは見つかっていますか?

シェアハウスの仕事をしていると、遠方から来るお客さんが多くいます。
転勤・転勤のため、上京のため、など様々な理由で来ます。

特に上京してくる方から話を聞くと、日本での生活って矛盾していると思うんですね(´・ω・`)

だって、部屋を探すのに仕事をしていないと、審査落ちする可能性高いじゃないですか。

「じゃー仕事を見つければいいじゃん」ってなりますが、仕事を見つけるにも通勤出来る距離の住所が必要なわけですよ。

「じゃー通勤出来る賃貸を探せばいいじゃん」ってなりますが、賃貸物件に住むにも仕事が必要なんですよ。

こんな板挟みの状況、マジできついですね(-_-)

通常、部屋を借りる時、審査があります。
シェアハウスの管理会社によっては、自社内で完結するところがあれば、審査会社を通すところもあります。
審査が自社で完結するところであれば、仕事をしていなくても(無職・求職中)入居までスムーズに進んだりするので、仕事探しもスタートしやすいと思います。

そして、住居が決まれば、仕事もやっと探せます(*^^)v
仕事紹介を斡旋している会社は多いですが、せっかくなら部屋を貸してくれる管理会社に仕事を紹介してもらうのはどうでしょう?

ダウンロード.jpg

「僕がシェアハウスの仕事をしている」から、知っているサイトかもしれません。【TokyoDive(トーキョーダイブ)】というサイトで、レオパレスとシェアハウスの両方を紹介してくれる上、東京での就職・転職支援もしてくれます。

ここまでのサービスをやっている企業はないと思います。

が、この【TokyoDive(トーキョーダイブ)】の仕組みはなんとなくイメージが出来ています。

おそらくですが、就職・転職サイトの会社と、レオパレス・シェアハウス管理会社が提携しているんだと思います。

就職・転職サイトに問い合わせがあれば、そこからレオパレス・シェアハウス運営会社に連絡が行くのでしょう。または、その逆か。

レオパレスは、話によく聞くのが「高い」です。
費用を抑えたいのならやはりシェアハウス、そして「家具家電付き物件」のところが多いので、オススメですね( *´艸`)

仕事探しに関しても、他転職エージェントと同様に、履歴書添削・面接対策もしてくれるので、充実したサービスだと思います。

シェアハウスが年々注目をされてきて、東京オリンピックに向け、都内では仕事が溢れかえっています。
同時に人材不足のため、仕事が回っていない会社も多数あるため、求人の需要はかなり高い状況です。

「仕事がなかなか見つからなくて困っている」
「上京したいけど、東京はお金がかかるから、検討している」


そういう方々に、【TokyoDive(トーキョーダイブ)】で一度問い合わせをしてみるのはいかがでしょう。

条件付きで家賃補助も出るようで、より財布に優しいです。笑
シェアハウスであれば、同じような状況の人と出会う事も出来、情報交換はもちろん、悩みなども相談しやすいのではと思います!また、首都圏出身の人もいますが、約8割は都外から来ている人がほとんど。
こんなに心強い事はありません(^-^)

ぜひ一度チェックしてみてください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 22:55 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

シェアハウスを探すならここ!

こんばんは、僕です。

来週で3月中旬になります。
一般的に4月から新シーズンですが、みなさんは引っ越しやその他準備は終わってますか?

引っ越しをする多くの人は、もう済んでいるかと思います。

43acfa6ecfe95c9e05b3db1a0f0ea79e_t.jpeg

しかし、未だにシェアハウスの問い合わせが非常に多いんですねー。
喜ばしい事です( *´艸`)

シェアハウスは、特殊な住居形態です。
情報誌・バラエティー番組・ニュースでも取り上げられているのに、注目度はあまり高いとも言えません。

それでも、「初期費用が安い」「家具付き物件」が多数なので、需要はあるのは間違いないです。
特に「遠方から上京してくる方」や「転職・転勤で費用をかけたくない」という方におすすめなのです。

今回は、「シェアハウスがいっぱいありすぎて、どこを見たらいいか分からない!」「どのシェアハウスの会社にしたらいいのだろう?」という方にオススメなシェアハウスポータルサイトをご紹介します!

■シェアハウスの醍醐味

0835b025f2f7d931ae478a0591a56790_t.jpeg

まず、シェアハウスに住みたいって人は、そんなに多くはないかもしれません。
僕もこの仕事をするまでは、「シェアハウス」っていう言葉すら知らなかったです(´・ω・`)

そして、この仕事をしてなかったら、「住みたい」とも思わなかったでしょう。
だって、赤の他人と同じ物件に住むのって、気を遣うじゃないですか。

住人同士のトラブルがあったら、気まずいって思うかもしれません。
ルールを守らない人がいたら、ストレスが溜まるでしょう。

でも、シェアハウスの醍醐味ってやっぱり「他の人と交流が出来る」事だと思います。
これは、決して住むまでは分かりません。

だって、住むまで
「どうゆう人が住んでいるのか」、
「自分がそこに住んだら、どうゆう生活が送れるのか」
が分からないからです。

シェアハウスには当たり外れがあります。
ですので、慎重になりすぎる必要はないですが、入居する前にたくさん情報を得ておきましょう!

■オススメシェアハウスサイト
今回、紹介するのは「シェアハウス運営会社」ではなく、「シェアハウスのポータルサイト」です。

アパート・マンションで言うと、「SUUMO」や「ホームズ」のようないろんな会社の物件を紹介しているサイトになります。

東京シェアハウス
シェアハウスのポータルサイトといったら、「東京シェアハウス」でしょう。

「東京」と入っていますが、対象エリアは全国、さらには海外の物件まで取り扱っています。
掲載されている物件もクオリティーも高いです。

物件についての記事や、ハウスイベント時の取材記事なども掲載されているので、物件の特徴はもちろん、記事の内容によっては、「そこに住んだらこうゆう生活が出来る」とイメージを掻き立ててくれます。

物件数はかなり多いのと、検索のしやすさや画像の見やすさなどで、個人的には充実度No.1です(^-^)

ひつじ不動産
こちらもシェアハウス物件掲載数は多いです。
しかし、関東圏のみが対象となっています。

特徴的なのが、サイトデザインがシンプルでオシャレです。笑

また、シェアハウス業界には珍しい「ファミリー向けシェアハウス」も取り扱っているため、他のポータルサイトよりも幅広いジャンルのシェアハウスを取り扱っているかと思います。

ひつじ不動産は自社で撮影を行っていますが、とても細かいです。
一般的なサイトだと、各階に洗面台があると、どれかの階で撮影された洗面台の画像を1〜2枚使われます。
しかし、ひつじ不動産は、全ての階の共有部を撮影し、掲載をしています。

サイト閲覧者に、「内覧せずとも入居したい」と思わせるような魅せ方をしている気がします。

ゲストハウスバンク
ゲストハウスバンクも、たくさんのシェアハウスを扱っています。
(北海道・沖縄・九州・四国を除く)

パステルカラーをふんだんに使用したサイトデザインとなっており、柔らかみがあるのが第一印象です。

検索もちゃんと条件を絞る混む事が出来るので、検索のしやすさは上位だと思います。

シェアハウスについてのコラムや、物件記事も掲載されているので、シェアビギナーにとって貴重な情報が手に入ります。

全体的に、割安なシェアハウスが集まっている気がします。

シェアシェア
やはり、サイト背景が白だと見やすいですね。
それがシェアシェアです。(シンプルで検索しやすいという意味です・・・)

希望条件に沿って、検索できるのも他ポータルサイトと同じです。

一つ注意がエリア毎に検索をした際、上位に出ている物件が「評価されて上に来ている」わけではありません。

なので、「上にある物件は良物件だ!」って思う人はそんなにいないと思いますが、上位に表示されている物件は更新順なので、上位表示されているからといって安易に選ぶのは禁物。

シェアパレード
シェアパレードは、女性専用物件や女性に向けたポータルサイトになっています。
ガールズレポートといった、女性入居者の生活に密着など、シェアハウスでの生活が取り上げられています。

もちろん、男女兼用物件もあります。

自分の会社の6割の閲覧者が女性という事で、このシェアパレードは女性向けコンテンツが盛りだくさんです。

■まとめ
シェアハウスといったら、大体この4つのサイトになります。
うちの会社もこれらのポータルサイトに物件を登録していますが、問い合わせ数はこの4つが上位に入っています。

実際、グーグルで「シェアハウス」と調べると1ページ目に出ている事が多いです。

とにかくシェアハウス選びに迷ったら、こういったポータルサイトを見て、まとめて検索をしたほうが効率が一番いいと思います。

「この物件が気になる!」ってなったときに、初めて管理会社のHPに行って、管理体制等をチェックするのがオススメです。
(*^^)v

きちんと自分の理想・希望を叶えられる物件を探してくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 23:18 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

シェアハウスでの体験談

こんにちは、僕です。

毎週水曜はお休みのため(会社はやってます)、本日も実家から更新。

先ほど、自分の車と母親の車の掃除をしてきました。
この時期は、花粉や土埃ですぐに汚れてしまいます( ゚Д゚)
先週掃除したばかりなのに、1週間でかなり土っぽくなっていました。

明日で3月ですが、段々と暖かくなってきましたね。
掃除で汗だくです。
まだまだ気温の上げ下げはあるようなので、体調に気を付けましょう。

さて、僕がシェアハウスに住んでいたころのお話をしようと思います。
シェアハウスを検討している方に、少しでも参考になればいいなと!

■シェアハウスに住む事になったきっかけ
dbb7cb486cae9c155fd3f25ce77cb41f_t.jpeg
シェアハウスに住むようになったのは、このシェアハウスの運営・管理会社に入社したからというのが最初の理由です。

日本で「シェアハウス」という言葉にまだ馴染みがなかった頃ですね。
大体5~6年くらい前になります。

どの運営会社も同じだと思いますが、初めは経験のために社宅として社員をシェアハウスに住ませます。

住人視点になる事が大事だからです。
住人視点になれなければ、住人さんの気持ちになれません。

住人さんの気持ちを知れば、管理側は何をすればいいのかが分かるようになりますからね。

スタッフがシェアハウスに住んでいれば、緊急時に初期対応が迅速に行えるため、会社としても安心・安定するのでしょう。

■当時のシェアハウス状況
僕が入社した頃、入れ替わりで他のスタッフが辞める事になっていました。
そして、その人から数物件のシェアハウスを引き継ぐ事に。

初めは、「このシェアハウスは大変だよ」と聞かされていました。
どう大変なのか。

・夜遅くでも住人さんが部屋をノックしに来ることもある
・ハウスの共有部が汚れていたら、掃除をする必要がある
・お湯が出ない
など。

「クレーム対応が主な業務」と聞いていました。
「毎晩うるさいよ」とか。

事実、家賃の振り込みの仕方を知らない海外の方もいると、現金で家賃をもらうのですが、そうゆう人に限って帰宅するのが遅いため、夜10時とか11時に家賃回収業務もやってました。

僕は、「まじか・・・」と最初は思いました。

でも、仕事のオン・オフの区切りは、スタッフに任されていると聞いて、そこは助かりました。

そして、ラッキーなことに僕がシェアハウスに住み始めたタイミングで、騒がしい人や問題のある住人さんが退去したので、かなり落ち着いていました。

■シェアハウス生活は意外にも充実していた
実際シェアハウスに住み始めてから特に大きなトラブルはありませんでした(^-^)

歳の近い住人さんや、関西弁の面白い住人さんが多かったので、よくリビングで一緒にテレビを見てたり、それなりに充実してました。

仕事のオン・オフに関しては、住人さんにも話していたため、本当に緊急の時だけ物件管理業務をしていたくらいです。

僕がいたシェアハウスは会社からも近かったのもあり、仕事終わりにはジョギングしたり筋トレ。
部屋は鍵付きで完全に一人部屋なので、Youtubeやニコニコ動画を見るなど、やりたい放題でした( *´艸`)

そのシェアハウスの戸数35に対して、シャワーの数は4室でしたが、順番待ちをすることもほとんどなかったです。
洗濯機・乾燥機も2台ずつと少なかったですが、たまに順番を待つくらい。

当然ではありますが、住人さんのライフスタイルはバラバラなので、お風呂に入る時間・料理する時間なども人それぞれなので、基本的には「待つ」ってことはあまりありません。

■シェアハウスで一番多いトラブルの元「音」
部屋間の壁は薄いといわれてますが、元々社員寮で使われていた物件に関しては薄いかもしれません。
シェアハウスとして活用される建物としては、

・社員寮
・ホテル
・戸建て

がメインになっています。

元ホテルであれば防音性はしっかりしているかもしれません。
元社員寮や戸建てシェアハウスは、壁が薄くて音が聞こえやすいかもしれません。

僕がいたシェアハウスも壁が薄いといわれていましたが、隣の部屋からの音はほとんど分かりませんでした。
強いていえば、「いびき」くらいですかね。笑

幸い、僕は音楽を聞きながら寝る人だったので、いびきなんてほとんど気になりませんでした!

音に対する感性は、人によって異なります。
Aさん:「Bさんがうるさい」
Bさん:「俺は音に気を付けてるよ。Aさんが敏感なだけじゃないの?」
Cさん:「Bさんは確かに〇時から〇時の間、うるさいかな」
Bさん:「Cさんも敏感なんじゃないの?そんな事言われても困る。俺はそこまで音を出してない」

こんなやりとりを散々聞いてきました。
もちろんBさんを追い出しました。

これが本当に正しかったか、なんてことは分かりません。
Bさんがうるさかったのか、AさんCさんが敏感だったのか。

事実は分かりませんが、他多数の人が困っているのであれば、原因と思われる人に厳重注意をして改善されなければ退去していただかないと、他多数の人が引っ越しをしてしまう。

シェアハウス・不動産業は、家賃収入があって会社として成り立つので、やはりリスクが少ないほうを取ります。

なので、僕はこういった事例を契約時に必ず伝えるようにしています。
予防線を張っとかないと、こうゆう事が起きると対処が面倒だからです。

■シェアハウス管理会社の対応の仕方
シェアハウス管理会社の中には、「当人同士で解決してくれ」というスタンスの会社もあるようです。
管理会社として無責任だと思います。
本人たちが楽したいだけなんだろうなーって。
住人さんの事は何も考えてないのでしょう。

実際、自分が住んでいたシェアハウスでも緊急時のトラブルに対応する事によって、住んでいる自分自身も他の住人さんも快適に暮らす事が出来たと思います。
管理会社のスタッフも同じ場所に住んでいるという事で、「監視されている」という目線で見られていたかもしれませんし、「緊急時に対応してもらえる」と思って住んでいる人もいたかもしれません。

管理会社の管理体制・対応速度は、住んでみるまで分かりません。
見学時に、そうゆう話をしても正直に答えてくれる管理会社は少ないでしょう。

この点に関しては、直観を信じるしかないです。例えば、
・電話、メール問い合わせをしてからの返信速度
・口調
など。

「なんか自分に合ってなさそうだなー」って思ったら、辞めたほうがいいかもしれません。

あとはシェアハウスでの契約期間も、会社によって違うので、短期から住めるところを探すのもいいかもしれません。
短期で住んでみて、管理会社の対応や物件の良し悪しを判断して、延長するかしないかを検討するのもいいと思います。

■まとめ
シェアハウスでの経験は、人生にとって貴重な経験になるかと思います。
そこで出会った人が、将来大物になる可能性だってあります。
(昔、うちのシェアハウスに住んでいた人が今では県議員になっていたり、メディアに取り上げられてる人もいます)

シェアハウスに住んでよかった・悪かったが決まるのは、「住人さん」にかかっているといっても過言ではないです。
いろんな仕事の話が聞ければ、自己啓発にも繋がります。
いろんな趣味を持っている人がいれば、自分の趣味も広がり、人生をより楽しく過ごす事だって出来るかもしれません。

僕自身、歳の近い人が結構勉強していたので、僕も「勉強して仕事の幅を増やそう!」ってなりました。
今ウェブマーケティングの仕事も少しやっているため、広告文であったりサイト関連の相談もしています。

シェアハウスという同じ空間の場所に住む経験は、普段の生活で経験が出来ないものばかりです。
シェアハウスに住んだ時に、いい経験をした人もいれば、悪い経験しかしてこなかった人もいます。

「シェアハウスってどうなんですか?楽しいですか?」とよく聞かれます。
「それは、実際に住むお客様次第です」
これは肝に銘じておいてください('ω')ノ

いい経験をしても悪い経験をしても、今後の人生に生きてくると思います!

また、短期で住めるところに住んで様子を見るのもありだと思います。
ただ、延長する際、延長料金や更新料がないのを確認してくださいね(´・ω・`)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



posted by 2歳児のパパ at 14:08 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

このブログに求められるのは、やはりシェアハウスの事なのか

こんばんは、僕です。

この記事のタイトルについてですが、このブログを分析してみると、どうやら「シェアハウス」についての記事が読まれているようです。

(この分析はあまり当てにしていません。なぜなら、シーサーブログのアクセス解析だからです。
GoogleAnalyticsで調べても、当然ながら上位に来ていないので、リアルなアクセスが把握出来ないのです・・・)

シーサーブログのアクセス解析が正確なものでなくても、サーチコンソール(Search Console)の検索クエリ(検索ワードのようなもの)を見ると、シェアハウスの記事の検索が多かったのです。

当然ではありますが、ブログ名に「シェアハウス管理人」って入っていれば、そりゃそうなるか(´・ω・`)

僕も昔はシェアハウスに住んでいました。
(自社管理)

であれば、シェアハウスの事を中心に今後書いていこうと思います。

シェアハウスの仕事や、シェアハウスでの問題やトラブルなど、いろんな観点から見ていく。
そして、僕自身も改めて自分の仕事を見つめなおしたり、気づかなかったところに気づけたりする気がします。

シェアハウスには、いい噂も悪い噂もあります。
中には、噂ではなく事実なものもあります( 一一)
「シェアハウス 口コミ」で調べてみてください。
いろんな会社の口コミが出てきます。
僕は、いつもここを見ています。→マンションコミュニティ
新しい引っ越し先として、シェアハウスを検討している方におすすめな掲示板です!

ですが、シェアハウスにも楽しい面もたくさんあったりします。
それは、管理人としても入居者としてもです。

シェアハウスに住んでみたいと思う割合は、そんなに多くはありません。
確か20%とかそのあたりでしょう(._.)

このブログを機に、「シェアハウスが気になり始めた」「一度見てみたい」と思ってくれれば僕もうれしいですね('ω')ノ

もちろん、今後も自分が読んでいる本や、その他好きな事を書く事に変わりありません。
全然関係ない事も書きます。

ためになる事は少ないかもしれませんが、ためになるようなものを今後創りあげていければと思います。
もっと勉強して、知識・経験を増やしていきたいですね( ..)φメモメモ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 23:37 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

お金を払えることが出来てもシェアハウスに入れない事もある

こんばんは、僕です。

2月も終盤に入り、問い合わせや案内の数が増えてきました。
良い事です( *´艸`)

問い合わせや案内の数が増えれば、それだけいろんな人が来ます。

何かを借りる時って必ず審査ってものがありますよね?

・ローンの審査
・カードの審査
・保育園入園の審査

などなど。

シェアハウスは、「敷居が低い」「入居しやすい」と言われています。
が!シェアハウスでも、お部屋を借りる時にも当然入居審査はあります。

16545342.jpg

一般賃貸であれば、申込書類に記載して「審査会社」にFAXで送って、審査結果を出したりします。
その不動産会社が管理している「自社物件」であれば、「社内審査」となったりします。

シェアハウスの場合、多くの運営会社がオーナーから借りて、物件を転貸している(いわゆる又貸し)ので、入居者さんから見たら、運営管理会社がオーナー的存在になります。
要するに、シェアハウスに入居出来る出来ないかの判断は、運営会社次第になります。

悪く言えば、
「この人は、入居させたくない」
「この人が入居したら、他の入居者さんと合わなそう」

という事で、会社の勝手で入居の審査が通るか通らないかが変わります。

審査落ちの人から聞かれるのが、
「お金を先に数か月分払っても入居出来ませんか?」
「仕事しているのに、入居は出来ないんですか?」

です。

そうなんです。
お金払える事が出来ても、入居出来ない時もあります。

シェアハウスって、他人との共同生活になります。
他の人とうまくやっていけそうか、などシェアハウス運営会社は考えなければいけません。

シェアハウスを検討している人に、これだけは分かってほしい。

例えとして、あなたがどれだけ経済的に余裕があって家賃の支払いが出来ても、「見た目が怖い」「見た目が不潔そう」なんてことがある場合、入居させる事は出来ません。
そうゆう方が入居すると、すでに住んでいる人が貴方の事を「怖い」「不潔そうだから同じ空間にいたくない」って思って引っ越ししてしまう可能性が出てくるわけですよ。
それが繰り返されると、同じように「怖い」「不潔」の人しかいない最悪のシェアハウスの出来上がりです。

「運営会社の判断で入居出来る出来ないなんて、そんな自分勝手な話があるか!好みで決めてるのか!」

って思う人も多いです。

勘違いしないでください。
シェアハウスじゃなかったら、入居の審査は通るのですよ。お金が払えれば。

運営会社は、すでに住んでいる入居者と新しい入居者が調和が取れるように、考えてお客さんを選ぶ必要があります。

たまに入居者さんから言われます。

「新しく入った人は、挨拶もしない、お皿を洗わない、うるさい、不潔。どうしてあの人を入居させたんですか?」って。

また、20代の人しか住んでいないシェアハウスに、40代の人が来たら、20代の入居者さんはどう思うでしょう。

言わなくても分かるかと思うので、あえて言いません(-_-)

これからシェアハウスを探す人、検討している人、必ずしも全員が入居出来るわけではありません。

全てのシェアハウス運営会社が、このような審査をしているわけではありませんが、お金があれば誰でも入れると思わないように(´・ω・`)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

p.s シェアハウスに住める年齢制限なども決まっています。多くが20代〜30代までになっています。40~50代になっても、シェアハウスに住んでいる人は、正直気が引けるといいますか・・・あえて厳しく言うと、「なんでその年齢になってもシェアハウスに住んでいるの?」って思います( 一一)




posted by 2歳児のパパ at 23:26 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

せっかくシェアハウスに住むのなら

こんばんは、僕です。

先ほど家に帰ってきました。
シェアハウスといえど、お部屋を貸し借りしている仕事になるので、夜が遅くなります(-_-)

数日間更新していませんでした。
お待たせして申し訳ないです。(読んでくれてる方にいつも感謝しています!)

物件が東京・神奈川・千葉・埼玉にあるため、各エリアのヘルプで帰ってくるのが遅かったのと、
嫁がインフルになっていたので、そんな中ブログを更新する余裕もなかったのです。

そして、昨晩は担当しているシェアハウスでパーティーを行ったので、同じく帰りが遅くなりました(´・ω・`)

僕が管理しているシェアハウスでパーティーをやったのは久しぶりでした。
今回はただ単純に「僕がやりたかったから」という理由だけで急遽開催。

■せっかくシェアハウスに住んでいるのだから
10926640.jpg
シェアハウスの醍醐味として、やはり「いろんな人と関われる」からではないでしょうか?

国内外から多くの入居者さんがいるシェアハウスに住むのは、普段の生活では知り合う事のない方ばかり。
海外の人と仲良くなれば、海外の生活や文化などの話も直接聞くことが出来ます。

ネットの情報が本当か。
テレビでやっている海外の話は本当なのか。


こういった点の解決が出来てしまいます!

僕はアメリカにいたころ、多くの国籍の人と会って話をしました。
寮に住んでいたため、それがとてもいい経験というか、その国に対するイメージも変わりましたし、より広い心や価値観を持つことが出来るようになったかと思います。

自分の会社だけでなく、他社も含めて、シェアハウスでは定期的にパーティーが行われています。

パーティーを開催する目的としては、2点あります。

・物件アピール、販促のため。
・入居者交流のため


シェアハウスは、他人との共同生活になるため、どういう人が住んでいるのか。
シェアハウスを検討している人も、住んでいる人も気になるところです。

大型シェアハウスだと、住んでいる人ですら、他の住人さんの顔も名前も知らない人もいるので、
こういったパーティーを開く事で、お互いに知り合う事が出来ます。

パーティー以降、入居者さん同士で、リビングで一緒に寛いでいる様子をよく見かけるようになります。

■パーティーといっても・・・
「シェアハウスっていつも毎晩うるさいんでしょ?」って思う人は多いと思います。

確かにうるさいときもあります。
が、これはシェアハウスによって、全然違います。
正確に言えば、入居者によって違います。

パーティー好きの人が多ければ、もちろん毎晩パーティーかもしれません。
大学生ばかりのシェアハウスだったり、新卒社会人ばかりのシェアハウスが、特に当てはまるかもしれません。

若いと元気がありますからね・・・・笑

なので、シェアハウスを検討している方は、若い人が多い物件はやめたほうがいいかもしれません。
もしくは、担当者に物件の様子を聞いたほうがいいですね(´・ω・`)

■シェアハウスは若年層に需要あり
シェアハウスは、初期費用が抑えられる上、家具家電付きの物件が多いため、トータルコストを抑える事が出来るので、若い方からの問い合わせが多いです。

「若い人が多いシェアハウスはやめておけ」なんて上記で言いましたが、
やはり年齢層が近い入居者が多いほうが、すぐに知り合い、仲良くなれるかと思います。
もちろん人によりますけどね(-_-)

「シェアハウスに住んでいるけど、誰とも仲良くなれない」だと、学校の教室や会社内で、独りぼっちと同じ感覚かと思います。

結局、仲良くなるならないは、その人次第です。(考えてみれば分かる事です。)

「友達・知り合い出来ますか?」
「みんなとすぐ仲良くなれそうですか?」

と、たまに聞かれます。

それは、あなた次第です!
(都市伝説風に言っているつもり・・・)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 23:25 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

シェアハウスだからこそ防犯カメラは必要!

こんばんは、僕です。

シェアハウス運営会社に管理をしていると、悪い事も当然起きます。
その悪い事とは、やはり犯罪です。

犯罪に大小つけるのは良くないかもしれませんが、「盗難」の被害が一番多いのではないでしょうか。(´・ω・`)

取られる物として、
・調味料
・キッチン用品(あるいはキッチン家電)
・靴
・スリッパ

よく無くなるキッチン用品やキッチン家電は、
<キッチン用品>
・箸
・お皿
・コップ
部屋でご飯を食べる人もいるため、部屋に持っていってそのまま返ってこないパターンです。

<キッチン家電>
・ケトル
・炊飯器
「部屋にあったら便利なもの」として、たまになくなります・・・

うちのシェアハウスに限らず、他社のシェアハウスでも同様の事がよく起きていると話に聞きます。
「持って行っても、誰にもバレないでしょ」って思う人が多いんでしょうね。

■防犯カメラを各シェアハウスに付けてみる
c8e32fbe3c411687698f78eac583a2e5.jpg
という事で、とあるシェアハウスで盗難被害が続いて問題となっているため、今回防犯カメラをいろんなシェアハウスの内部に設置しました。

とはいえ、毎日毎時間毎分毎秒見るわけにいきません。(そこまで暇であっても、見る事はありません)

設置場所としては、主に玄関。

シェアハウスは、いろんな人が住んでいます。
もちろん、僕らは入居者の顔を全員知っています。
見るべき点は、外部の人が侵入していないか、本来のカメラの使い方に全うしているだけです。
(べ、別に変な考えがあってやっているわけじゃありませんよ。
可愛い入居者を見たいから、なんてバカな考えはありませんから。( ゚Д゚)

管理会社として、盗難被害が続いてこのまま野ざらしにするわけにいかない。
ましてや、うちが盗難事件に対して何も対策をしないと、
「入居者さんが納得しない」のと、
「こんな盗難事件が起きてるシェアハウスに住み続けたくない!」って思われると、うちも大変だからです( 一一)

今回、シェアハウスにつけた防犯カメラは、店舗にあるようなカメラではありません。
lgi01a201310191700.jpg
店舗にあるカメラって、「監視されてる」感が半端ないです。
シェアハウスという住空間なので、そんなところに大きいカメラがあると、落ち着くわけがない。

という事で、Wi-Fiを繋げて、遠隔で見られる「ドーム型カメラ」を設置。音も拾えます。
スマホ画面でも映像を確認が出来ちゃいます。

現在の技術はすごいです( ..)φメモメモ

■オススメ防犯カメラ




普通は、業者がカメラ設定から設置をするため、費用が膨らみます。
工事費も当然発生します。

防犯カメラ「のみ」の相場としては、4〜6万と言われています。
また、防犯カメラをいつも見るわけにいかないので、録画をする必要があります。

その録画、いわゆる「レコーダー」の価格が高くて、8〜12万円が相場だそうです。
レコーダーは、ずっと稼働しているため、消耗が激しいことから、「買ってから3カ月でダメになる」なんてことも、しばしばあるようです( ゚Д゚)

カメラを取り付ける工事も、一般的には必要になります。
その設置工事費の相場が、7〜12万くらいだそう・・・

他にも設置に必要な「穴をあける」などの工事も発生する可能性もあるため、30万以上設置が必要になります。

「別にレコーダーはなくてもいいや」ってなんて人も、10万以上はします。
(というか、防犯カメラを昼夜見るわけにいかないので、やはりレコーダーは必要でしょう。)


この「ホームセキュリティーカメラ」は、スマホでアプリをダウンロードして、
設定するだけ
のなので、すごく簡単です。
インターネットの接続があれば利用が可能。

工事もしないため、カメラが届いて設定するだけであっという間に防犯レベルが向上します(´・ω・`)

あとは、顔認証だったり、他ハイスペック機能付きのカメラの場合は、コストが高くなるのは言うまでもありません。

ネット通販サイトにあるカメラのほとんどは、設置が大変だったりもします。
ネジを何本も壁や天井に打ち付けるタイプのものもあり、面倒だったりします。
電池が切れたら交換しないといけないものもあります。





その点、このホームセキュリティーカメラは、設置工事もリース料もなく、スマホがある人ならカメラ代だけで済むので、かなり割安です( ゚Д゚)

ちなみに38,000円(税別)です。リースではなく、購入になります。
(保証期間1年)

他特徴:
・ドア窓センサー
センサー検知5秒前とその後の25秒を録画。

・人感センサー
人が通るたびに、カメラ作動及びスマホに通知が来る。


防犯カメラとしての役割が強いですが、
「遠く離れた両親が心配」
「子供は家に帰ったか」
「飼っている犬が暴れていないか」

など、身近な人・ペットの確認も出来るので、気軽に利用してみるのもいいかと思います。
会話機能も付いているので、帰宅した子供とも話す事が出来るので、互いに安心感を与えてくれますね(^-^)

また安いカメラだと、夜間の映像がはっきり映らない時でも、このホームセキュリティーのカメラならしっかり撮影が出来ます。

今の時代、どこで事件や犯罪が起きても不思議ではありません。
僕はアメリカにいたときは、毎晩のようにどこかしらでサイレンが鳴っていて、「やっぱアメリカはこういう国かー怖いなー」って案の定感じてました。
日本に帰ってくるとき、「日本はやっぱり治安が良くて、安心する」といつも思っていました。
海外の入居者さんと会うと、彼ら彼女らもいつも同じ事を言ってくれます。

でもヤフーニュースやテレビニュースを見たりすると、必ず毎日どこかしらで事件は起きています。
うちはまだ子供が小さいですが、子供が一人で留守番するようになったら、心配でしょうがないです。

誰かが侵入する事自体、怖すぎる出来事ですが、「子供に何かあったら」と思うと・・・考えたくもないです(-_-)

このホームセキュリティーカメラは、そこまでコストはかからないので、一度試してみてもいいかもしれません。命はお金で買えませんが、防犯カメラはお金で買えます。
事が起きてからじゃ遅いですからね。
何事も対策が大事です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

p.s うちのシェアハウスもドーム型カメラという本格的なものじゃなくて、こういうお手頃な価格のお手頃サイズのカメラにすればよかったんじゃないかと思いました(´・ω・`)

posted by 2歳児のパパ at 00:13 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

首都圏のシェアハウスの運営会社をご紹介!

こんにちは、僕です。

何かとシェアハウスでトラブルや、オーナーに支払いが出来ない事による、オーナーから管理会社に訴求しているニュースがやっていましたね。その後、どうなったのか。ネットで調べても出てきませんでした。

色々な情報が入ってくる社長からも、その後の話がないので、内々で話を進めているのでしょう。

シェアハウス 口コミ」で調べると、掲示板が出てきます。そこを見てみると、他の会社も新築でやったが倒産をして、建築作業が止まっているところもあるようです。

現在、シェアハウス業界は、カオスになってます。( 一一)

かぼちゃの馬車にしても、倒産をしている他社にしても、新しい会社ばかりが苦労をしているようです。

シェアハウスという言葉が広まり始めてからの参入は、敷居が高いのかもしれませんね。

シェアハウスは、元々ゲストハウスという言葉からの派生のようなもので、海外では、ゲストハウスという言葉が主流のようです。
ゲストハウスとは、海外のバックパッカー(リュックなどの軽い荷物だけで、短期滞在をしながら、色々な場所を巡る事)に人気でした。ゲストハウスは、低費用で短期滞在が出来るからです。

■首都圏のシェアハウスの運営会社
新規参入が崩れていく中、昔からこの業界に注目をし、今もなお収益を上げている会社・運営のノウハウがしっかりしている会社などをご紹介していきます。
※運営年数が必ずしも運営が安定しているとも限りません。シェアハウスをお探しになる場合は、必ずご自身でご判断ください!

オークハウス

・業界最大手
・大型物件の設備は抜群(ビリヤードなどの娯楽室・楽器が演奏できる防音室・フィットネスルームなど)。
規模は、ホテルタイプから戸建てタイプのシェアハウスを管理
・設備がすごい分、賃料も高め
・シェアハウスだけでなく、アパートタイプの物件も管理運営をしている
・とにかくイベントがすごい(たくさんの人が集まる)
・スマート会員というのに登録をすれば、割引価格で住める
・物件名に「ソーシャルレジデンス」というのが特徴
・首都圏を中心に展開。最近では関西にも数物件運営
・創立平成4年と、業界の中では老舗
・管理物件の数が多いため、物件のグレードはピンキリ

グローバルエージェンツ
・設備のグレードは、オークハウスとほぼ同等
・サイトが見づらいため、正直割愛したいくらい・・・
・設備がいい分、家賃も高め
・首都圏にどんどん物件を出している
・2005年創業(平成17年)

インターワオ
・特別設備がいいというわけではないが、最低限の生活は出来る
・その分、家賃は控えめなところが多い
・物件により、グレードの差が大きいイメージ(ビリヤード台がある物件もあれば、古そうな物件もある)
・首都圏に50物件1000室管理
・創業2000年と比較的老舗

シェアデザイン
・1998年創立(同じく老舗)
・元々シェアハウスの会社ではなく、不動産会社
・シェアハウスだけでなく、他の事業も展開しているため、物件数は多くない
・管理物件は、首都圏
・不動産買取・リフォーム事業もしている
・物件のグレードやコンセプトがしっかりしているイメージ

リビタ
・創立2005年
・首都圏中心
・大型物件が中心
・コンセプト物件多数
・グレードも高いため、家賃もお高め

■まとめ
今回、特に大型物件を取り扱っている運営会社をピックアップしてみました。
テラスハウスなど、メディアで取り上げられてから、シェアハウスに新規参入した企業が増えたため、
まだまだたくさん運営会社があります。

物件の設備が違うのはもちろんですが、運営会社によって、契約形態・契約期間・初期費用・光熱費・退去時の費用など、異なります。管理の仕方や、巡回頻度なども異なるので、電話やメールで聞いたほうがいいかと思います。

シェアハウスの運営は、法人でやっているところもあれば、個人事業でやっているところもあります。

法人でも個人での運営も、ピンキリだそうです。

しっかり巡回をして、足りない備品(トイレットペーパーや食器用洗剤など)を定期的に補充をしてくれたり、掃除をしてくれたりするところもあれば、全く管理がされないで住人が主体で回さないといけない物件もあるようです。

サイトでは分からない事もたくさんあると思いますし、シェアハウスという住居形態は特殊です。

初期費用が安い・家具家電付きが特徴ではありますが、しっかり吟味して、実際に見学をして肌で一度感じてから、住むか住まないかを検討してもらいたいです(´・ω・`)

せっかくお金をかけて引っ越すをするのですから、後悔しない引っ越しにしてもらって、気持ちいい新生活を送ってもらいたいですね。

ただ、シェアハウスは他の人との共同生活になるので、実際に住むまでどうゆう人がいるのか分からないかもしれない弱点もあります。

まずは、入居者の年齢層・職業から聞いて、どういう人が住んでいそうかイメージをしたほうがいいかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!




posted by 2歳児のパパ at 11:52 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

この仕事のおいしいところ(シェアハウス)

こんばんは、僕です(´・ω・`)

この前、運転中のラジオの中で、「この職業のおいしいところは?」という案件で、視聴者の方々にアンケートをしていました。

飲食店であれば、「まかないが食べれる」。
アパレルだったら、「ブランドの服が安く購入できる」。

などが、あるかと思います。(飲食店もアパレルもお仕事したことがありませんが、そんなイメージです。)

自分の仕事のおいしいところって、どこだろう?って考えてみたので、共有してみようかと思います。
シェアハウスという特殊な業界なので、ある意味面白いかもしれませんよ('ω')ノ

■シェアハウスの仕事していて、お得な事。
@いろんな町、地域、お店に行ける事
うちは、エリア担当制です。
埼玉担当や神奈川担当といった具合に、分かれています。

担当エリアは、ローテーションで変動するため、いろんな地域を車や電車で行動する事になります。
「新しいエリアで、好きなお店探すぞー!」と、仕事と関係がない事で張り切る事もありますが、
「今まで行ってたお店に、しばらく来れなくなる(T_T)」とも思います。

僕は、基本的に神奈川と東京エリアが担当ですが、後輩の面倒も見ているため、たまに埼玉方面や千葉方面に行くこともあります。

よって、飽きる事があまりないんですよね。
「今日は、久々に千葉だから、あそこの店にご飯を食べに行きたいなー」って、思う事もよくありあす。

仕事中の楽しみといったら、お昼ご飯しかありません。
僕も、結婚するまではずっと外食でした。(結婚してから、お弁当です、毎日。)

よく行くお店もありました。
同時に、悲しいこともあり、それらのお店が潰れている事もあります。
池袋は、特にお店の入れ替わりが激しい気がします。

また、オフの日に、都内に車で来る事はあまりありませんが、道を覚えられるのも楽しいです( *´艸`)
僕は、運転が好きなので。(といっても、得することもなく、おいしいと感じてるわけでもないんですけどね)

A家具・家電などがもらえる事も??
どこかの物件で使っていた机・椅子・ベッドなどを、もらえる事もあります。
理由はいくつかあって、
・一つは古くなったから、新しいのと入れ替える
・単純に必要がなくなった
・夜逃げ部屋から撤去←持ち主不明により処分に困るため、スタッフがもらう事もある

なので、家具・家電を自分のお金が買う必要がなくなるわけです。節約が出来ます( *´艸`)
ちなみに、今僕が使っている小さなテレビは、夜逃げ部屋を昔片付けている時に、先輩から「持って行っていいよ」と言われてからずっと使っています・・・

B若くて可愛いお客さんが、そこそこ来る
シェアハウスは、
「若い人に需要がある」
「女性のサイト閲覧者が多い」
という事で、若い女性の方から多くの問い合わせをいただきます。
よって、女性のお客さんのご案内も多くなります。

中には、「モデルをやってます」とかいう人もいます。マジで可愛いんです、これが( ゚Д゚)
これが、一般人との差か・・と思ってしまいます。

外国人も住んでいるので、可愛い海外の子が来ると、いろいろと手伝って上げちゃいますよね!!
役所の場所とか、日本での生活について、ついつい親切に教えちゃいます。笑

ともかく、目の保養になります←奥さんには内緒

これがこの仕事していて、一番おいしいと思うかもしれません・・・

下手な事はしないように、頑張ります(-_-)

皆さんの仕事で、「おいしい」事ってなんですか!?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 22:09 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

「シェアハウスの仕事って楽しいんでしょ?」って多くの人に聞かれる。

「シェアハウスってイベントとかパーティーをよくやってるから、シェアハウスの仕事って楽しそう。」

「シェアハウスの会社に入って、住人さん達と一緒にハウスを盛り上げたい!」

「年齢が近い入居者さんと一緒に住む事が出来、毎晩楽しそう!」

面接に来る方が、よくこう言うそうです。

シェアハウス運営会社勤務5年の僕が、事実をお伝えします('ω')ノ

会社によって、業務の範囲が異なるので、知ってる範囲で他社と比較しながら、話していきます。

■そんなに甘くない、シェアハウスのお仕事!
上記でお伝えした通り、「パーティーやイベントをする」目的で、面接に来る人が多いです。
シェアハウスの仕事は、多岐にわたります。

・物件案内
・契約業務
・問い合わせ対応(電話・メール)
・集客関連(ウェブ・法人営業)
・部屋造り、ハウス造り
・撮影、加工、サイトアップロード
・ハウス、部屋清掃、その他メンテナンス関連
・修繕(外部業者依頼等含む)
・クレーム、トラブル対応
・ハウスイベント準備、設営

●物件案内・契約業務
シェアハウスは、水回りなどの複数の共有部と、個室で成り立っています。
不動産賃貸と同じように、お客様をハウス内・部屋を案内します。
お客様がご希望すれば、そのまま契約業務に。契約書の説明・ハウスルール等説明をし、最終的に鍵を渡すまでが一通りの流れになります。

●問い合わせ対応・集客関連
物件を案内する前の段階です。お客様が来ないと、案内が出来ないですからね。

集客関連は、
・ウェブサイトでの集客
・法人営業での集客


がメインとなります。

僕のいる会社の場合は、8割がウェブでの集客になります。
そのため、「ここに住みたい!」という画像の見せ方や、物件情報・周辺情報に関する文章が大事になってきます。SEO対策も含めて、文章や画像は、反応を見ながら変更します。

法人営業に関しては、「遠方から仕事をしにくる」「海外の学生がインターンシップで来る」という企業や、日本語学校・大学に対して、電話アプローチをします。シェアハウスという言葉は、だんだんと認知されてきていますが、シェアハウスの契約形態や業界については、まだまだ知られていません。

電話をすると、「あ、そうだったんですね〜。それなら、インターン生に合ってますね。」などと、よく仰っていただきます。それから、法人さんより、「空室ありますか?」という連絡があります。

●部屋・ハウス造り、撮影・アップロード等
シェアハウスは、若年層に需要があります。
また、先ほど話した通り、「シェアハウスはイベントが多い」ため、「楽しそう!」というイメージが先行しています。

「楽しそう」というイメージを持って、物件を探している方も多いので、そのようなシェアハウスに仕上げていく必要があります。

ハウス内の共有部は、
・ポップな絵を飾る・個性的な小物品を置いて、特徴的なハウスにしたり、
・落ち着いた大人の雰囲気があるレンガ調の模様の壁紙を入れてみる

などやり方は沢山あります。正解はないので、そういう意味では自分の裁量で出来る事が多いです。

逆に、「部屋内は、生活のほとんどを過ごす場所になるので、色を入れすぎると落ち着かないから、配色は2色くらいにまとめてみよう」のような考えになったりするので、ベッドカバーやカーテンは落ち着いた色を選ぶとか。

自分で納得のいくハウス・部屋が出来上がれば、撮影をして、サイトにアップロードします。
自社サイト・ポータルサイトなど、掲載場所によっては、サイズ加工する必要があります。
また、撮影時間によっては、逆光だったり暗かったりするので、明るさの調整も必要でしょう。

こういった具合で、「ここが気になる!見に行ってみよう!」という気持ちにさせなければいけません。

●ハウス・部屋清掃
入居者さんが気持ちよく生活出来るように、また内覧者が見て「この物件は掃除が行き届いている。衛生面がよさそうだ」と感じてもらわなければ、住んでくれないですし、長く住みたいって思ってくれません。
入居者がいて、僕らの給料なので、最低限掃除はしなければいけません。

トイレ・浴室・キッチンはもちろん、廊下など全体的に掃除をします。
清掃業者も入っているので、負担はまだ軽いですが、業者さんも行き届いていないところをフォローしていきます。

部屋の中も、退去したらもちろん掃除をします。普段から掃除をしない人もいるので、退去した後に確認をすると、埃やシミがすごいです・・・エアコンフィルターとか冷蔵庫の中もすごいです( ゚Д゚)
よくここに住んでいたな・・・とよく思います。

退去後に掃除をして、しばらく時間を置くと、空中に舞っていた埃が床に蓄積されて、また汚れが目立ちます。掃除をしてから数週間経ったら、時間に余裕があれば再掃除をします。
「早く決まらないかな」という切実な気持ちでいっぱいです(._.)

●メンテナンス関連、修繕関連
シェアハウスは、元々社宅として利用していた物件が多く、築年数もそれなりです。

当然、建物に不具合が生じる事もあります。
・お湯が出ない
・エアコンの暖房が出ない
・電気が切れてる
・インターネットが繋がらない
など。

内容によっては、業者依頼になります。
自分達で改善出来るなら、改善をします。

マニュアル化しているわけではありませんが、今はスマホとiPhoneがあるので、その場で考えられる原因を調べて、改善を試みます。どんな現場でも、焦らず冷静に対応する事が大事ですね( 一一)

●クレーム・トラブル対応
「シェアハウスに住みたくない!」と皆さんが思う理由ですね。
・隣(上)の人がうるさい
・料理で使った皿などがそのまま放置されてて、次の人が使えない
・ルールが守れていない


「だから、注意喚起してください!」と、たまに連絡が来ます。

騒音問題って一番厄介なんですよね。
人によって、うるさい・うるさくないの基準が違うからです。
実際に注意をしても、「そんなことはない」と一転張りの可能性もあります。
なので、「注意」というよりかは、やんわりと伝えます。
僕自身、絡まれたくないというのもありますが(´・ω・`)

昔に比べて今は、トラブルは減ってきています。
長く住んでいる人は慣れているのもありますし、新規で入居する人には、しっかり事例をお伝えをし事前にトラブルを防ぐよう伝えているのもあります。

●ハウスイベント準備・設営
「シェアハウスでイベントをしたい!盛り上げたい!」

会社主催のイベントの場合、スタッフが食材や飲み物の調達を行います。
予算が決まっているので、その範囲内でスーパー等で買ってきます。
仲がいい住人さんがいれば、一緒に買い出しもしてもいい事になってます。

僕は料理をしない人なので、一番大変な部分です。(出来合いのものを用意してもOK)
「この食材で、〇〇を作れば、インスタ映えするな」とか「サイトでいいアピールになる」ようなものを、
選んでみたり、作ったりします。

準備が出来て、住人さんが集まってきたら、乾杯→フリータイムが基本的な流れです。
住人さんが主体なので、沢山食べて飲んでもらいます。運営スタッフも、食べて飲んでもいいですが、後回しです。

パーティーの主旨として、
・住人さんに楽しんでもらう
・自社の宣伝
になります。

自社の宣伝が一番のポイントなので、写真をガンガン撮ります( *´艸`)
集合写真やら、変顔写真などいろんな写真を。

■まとめ
僕の会社は、上記の業務を一人でやっていきます。きついときは、もちろん他のスタッフがフォローしてくれます。

他社との違いとしては、業務が細分化されているかいないかです。

ウェブ担当だったり、営業担当だったりと。

隣の畑は青く見える?じゃないですが、どんな仕事も楽ではないですし、慣れてくると楽しいという感情も徐々になくなってきます…

シェアハウスの仕事をやってみたい!という方は、たくさん情報収集してくださいね。( ..)φメモメモ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


posted by 2歳児のパパ at 15:34 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

シェアハウス運営会社「かぼちゃの馬車」l物件オーナーに賃料払えない

こんばんは、シェアハウス運営会社に属してる僕です。

ヤフーを見ていたら、珍しく「シェアハウス」の記事がトップに出ているではありませんか( ゚Д゚)

と思ったら、悪いニュース・・・

「かぼちゃの馬車」運営のスマートデイズ、物件オーナーへの支払いが困難に

■シェアハウスに関して、いい内容のニュースはまず見ない。

なぜか?

ネットで検索をしてみると、「キャリコネニュース」というサイトがあったので、そこから引用してみます。

シェアハウスに住んでみたい人:16%
住みたいと思わない:84%

引用元:https://news.careerconnection.jp/?p=40015&page=2

理由は、下記など。
・プライベート空間が少ない
・住人同士のトラブル
・他人と住むのは怖い
・ルール違反をする人がいる
・盗難等の被害

など。

運営している僕も、結婚するまでは自社管理シェアハウスに住んでいましたが、上記事例のいくつかはあてはまります。

そりゃ、いいニュースになりにくいですよね・・・

●プライベートの空間の少なさに関しては、人それぞれだと思います。約9割のシェアハウスは、部屋は個室で鍵もついているので、「他の人と関わりたくない。面倒だ」と思うなら、トイレ・お風呂以外の時は、ずっと部屋にいることが出来ます。

●住人同士のトラブルについて
生きてきた環境が違うので、価値観や感覚が人によって違うのは当たり前です。
管理会社によっては、住人の今後の生活にも影響をするため、管理会社が仲介に入るところもありますが、管理会社が嫌がって、本人同士で解決させるところもあるようです。

●他人と住むのは怖い・盗難等の被害
多くのシェアハウス運営会社は、年齢制限を設けています。
大体18〜30歳や、30代までだったりします。
年齢が絞られている分、入居者同士の年齢も近くなるため、価値観や感覚も似てくるので、トラブルも減る傾向にあります。しかし、住んでない人からすると、そういった心配があるのも無理はありません。

■そもそもシェアハウスとは
学生寮や社員寮をイメージしてくれればいいと思います。
イメージがつきにくい方は、ホテルや旅館のような建物でもいいです。
構造は、そのような形が多いです。

ほとんどのシェアハウスは、鍵付き個室になります。
昔と比べて、ベッド・机・椅子などの家具が置いてあったり、エアコン・冷蔵庫が備え付けだったりします。
その他、キッチン・トイレ・お風呂などは、他の入居者と共有します。

トイレやお風呂は、男女別々になっているところが多いので、女性入居者も多いですね。

(ちなみに、Google Analyticsを見ると、僕の会社のサイト閲覧者は、60%が女性となっているようです。

「かぼちゃの馬車」とは?
首都圏を中心に、新築の女性専用シェアハウスを展開している、2012年に設立したシェアハウス運営会社になります。

少し前まで、あの女優タレントさんを起用したCMがやっていました(´・ω・`)

当時僕は、「CMやるだけのお金があるのか・・・」と思ってました・・・

2013年の売り上げは、4億4500万円ほど。
2017年の売り上げは、約317億円。
経常利益は、4097万円との事。

かぼちゃの馬車の管理会社名が、スマートデイズという会社名に変更になりましたが、下記掲示板で社名が変わったのを知りました。(シェアハウスを探してますという方も、参考にしてみてください

シェアハウス 口コミ」https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/327095/

結局、スマートデイズは何をしたのか?
多くのシェアハウス運営会社は、サブリース契約が主となっています。
サブリース契約とは・・・物件にはオーナー(所有者)がいて、それを会社が借りて、それをまたお客様に貸す契約。(いわゆる転貸・又貸し)

(転貸なので、不動産業に当たらず、宅建の資格も必要ありません。)

運営会社も、オーナーさんから物件を借りているため、その対価をお支払いしています。

今回のスマートデイズに関しては、オーナーに対してお金が払えないと言っているんですね〜。言い換えると、「家賃が払えないので、少しまけてくれませんか?無料にしてくれませんか?」という事を話すため、オーナーに対する説明会をしたそうです。

契約内容によっては、入居率や収益率をオーナー側に知らせる必要もなく、「一定の家賃を払います」というだけの事もあるので、家賃収入があれば運営自体に何も文句は言う事はないでしょう。

しかし、運営会社がオーナーさんに家賃を払えないとなると、経営状況・物件状況など気になるところです。
蓋を開けてみると、入居率が50%と、なんともひどい入居率です

このスマートデイズは、上記の「シェアハウス 口コミ」を見てみると分かりますが、数多くの口コミが寄せられています。内容は、割愛します。


スマートデイズは、結構荒手のようで、年収700〜800万クラスのビジネスマンの方などに、「不動産投資ビジネス」の話を持ち掛けて、新築で建てさせていたようです。

「シェアハウスを建てる」からスタートしている会社は、他にあまり聞きません。
ほとんどの物件が、寮として使われていて、それが「遊休化しているので、活用出来ませんか?」となる事が多いです。

都内に新築で建てさせるという事は、物件所有者は何千万・何億という負債を負ってまで、シェアハウスの家賃収入のために投資をしたわけですよ( ゚Д゚)

中には、「シェアハウスってどんなのだろう」「シェアハウスで人が増えたら、一緒にパーティーとか交流会も開くのも楽しいだろうな」って、期待をしていたオーナーさんもいたでしょう。

なんとも悲しいシェアハウスのニュースです・・・

ただでさえ、シェアハウスに住みたくない人の割合が8割もいるというのに、同業として、悲しいとしかいいようがありません。

確かに、シェアハウスのデメリットが目立ちますが、メリットもたくさんあります。
結局は、物件の良し悪しや立地なども、お部屋探しの条件になりますが、そこに住んでいる住人さんが安心出来る人かどうか、に尽きると思います。

運営会社によっては、最低契約期間が異なりますし、一番短くて1カ月からの契約も出来るので、1カ月間様子見で住んでみて、問題なければ長く住むのがいいかと思います( ..)φメモメモ

会社によっては、延長するときも料金の有無がありますので、要チェックです。

シェアハウスに夢と希望を・・・!(>_<)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


posted by 2歳児のパパ at 21:39 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

TOEICスコアアップのためのシェアハウス

※この記事は、2018年3月に更新しています。

シェアハウスという言葉が広まり始めて数年が経ちますが、色んなシェアハウスが世の中にはあります。

・ホテルを改装したシェアハウス(ハウスなのか?)
・社員寮を改装したシェアハウス(一般的)
・戸建てを改装したシェアハウス(文字通りハウスをシェア)。

これらは、構造上のお話ですが、普通に誰かと住居をシェアするだけじゃつまらない!
この考えに基づいて生まれたのが、コンセプト付シェアハウス

・IT企業に勤めている人が住む、IT特化のシェアハウス。
・シングルマザーだけが住むシェアハウス。
・猫好きが集まる猫シェアハウス。

などなど。
言い方が悪いかもしれませんが、同族(同趣味・同業界など)の人が集まる住居になります。笑

 fbbcf6b6ac173983332838bf91433700_t.jpeg
■メジャーなのは英会話に特化したシェアハウス
英会話の先生をしている住人さんに家賃割引を条件に、他の住人さんに英語の授業をするなど、世間の需要に合わせたシェアハウスが増えてきています。

僕はマーケティングに携わっているため、ヤフーでシェアハウスの情報についての記事が掲載されたら、すぐに分かるようにしています。
(といっても、フォローしてるだけ)

そして、たまたまヤフーを見てたら、珍しくシェアハウスの記事が更新されてたので見た内容がこちら↓

【スクールウィズが、シェアハウス「ENGLISH Camp」を東京都目黒区にオープン】

その名の通り、英語キャンプということで、主にTOEICを中心とした勉強が出来るシェアハウスらしい。
英語教育や日本法人のグローバル化が進むにつれ、ビジネス英語を徹底的に伸ばしていくというコンセプト。

学生時代、一人で勉強する人も多かったと思いますが、なかなか勉強に対する意欲や気持ちを継続するのが難しかったという方も多かったと思います。
(僕もアメリカで勉強してたころ、急にモチベーションが落ちて英語が嫌いになった経験もあります・・・)
 
このシェアハウスは、各住人さんが英語指導を受けつつ、勉強仲間も出来るため、継続して勉強が出来る環境が用意されています。
 
入居費は14万8000円で、家賃、水道光熱費、共益費、Wi-Fi、清掃月2回が費用に含まれている。
全室個室で、家具家電は用意されているのでカバン1つで入居できる。

費用に関しては手数料等も込みだと「思います」が、目黒区に住みかつ英語を徹底的に勉強することが出来るため、割安と考える人もいれば高いと考える人もいるかもしれません。
※なぜ「思います」と書いたのか:サイト上の表記と実際必要な金額の費用が異なる場合が多いからです。

学生にとってはかなりきついかもしれませんが、英語が必要な企業に勤めている人にとっては、安いかもしれませんね。

英会話スクールを調べたことはありませんが、住居費と英会話スクールに通う時間や手間を考えれば、住みながら勉強出来るのは非常に効率的に感じます。
 
入居開始時期は12月15日以降とのことで、もうすぐですね。
うちもやりますが、オープン記念割引で、安く入居が出来、お試しすることが出来るようです。 
※2018年3月現在も割引キャンペーンを実施中だそうです。

うちもコンセプト付物件やりたいですが、維持費やその他諸々面倒なことが多いんですよね…
コンセプト通りに回らなかったら、ただのぼったくりですからね。
イベントや教室設営をやれるほど人員がいないのです(´・ω・`)

コンセプト付き物件は、効率よく勉強・自己啓発が出来、スキルアップが望める最高の場所だと思います。
英会話・ITなど、これからどんどん伸びてくる業界でもあり、需要が増えてくる業界です。
他社のシェアハウスですが、オススメです。

僕も結婚していなかったら、モチベーションのため・さらならスキルアップのために、そうゆうシェアハウスに住んでみたかったなーって思います( ゚Д゚)

コンセプト付きシェアハウスは、人生にとって大きなプラスとなるはずです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 21:54 | Comment(0) | シェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする