2016年12月02日

様々な住居形態がありますl一般賃貸やシェアハウス

こんばんは!
業務が立て込み、今帰りです。
でも、もっと遅くまで頑張ってる営業さんもいるんですよね。
自分も頑張らないとって、いつも思います。

日本は海外からの影響をもろに受けています。
洋食が好きな人が多かったり、床に座ってテーブル囲んでご飯食べる習慣も、ダイニングチェアに変わっていき、生活スタイルが欧米化となっているのは、今に始まったことではありませんが…
世の中、グローバル化が進んでいるため、幼稚園や小学校から英語教育も始まっています。
(まぁ、日本はアジア圏の中でも英語レベルが低いですからね。島国だからしょうがないといえば、しょうがないです( ゚Д゚)

住居のスタイルも変わってきています。
今までは、アパートやマンション、更には賃貸戸建てなどがありましたが、欧米の文化を取り入れた住居スタイルも増えてきました。

それは「シェアハウス・ドミトリー・ルームシェア」です。

違いは、順を追って説明していきます。

アパートやマンション
ご存じの通り、完全に他の部屋と独立し、シャワー・キッチン・トイレなどが室内にあります。

不動産仲介業者がいて、物件大家さんとお客さんを繋げます。間に入って仲介してくれるので、基本的には仲介手数料がかかります。長期的に住む方が多いので、部屋修繕費に充てるための敷金や鍵交換代、火災保険料が必要になり、また家賃未納で逃げられないようにするため、保証人や保証会社とも契約が必要です。最近は、敷金礼金を取らない大家さんが増えてきたので、少し割安になってきた部分もあります。

シェアハウス
寮やホテルを、イメージしてくれたらと思います。
物件によっては、室内にキッチンやトイレがあるところもありますが、ほとんどのお部屋は水回りがありません。

部屋があって、水回りやリビング等の共有部を、他の不特定多数の人と共同で使用します。
テレビでやってる「テラスハウス」があてはまりますかね。
あれは、やらせの部分もあるので、リアルなシェアハウスは似たようなところもあれば、そうでないところも当然あるはずです。

シェアハウスは、大家さんから管理・運営企業が借りて、それを更にお客さんに貸す「転貸」をしているところがほとんどです。なので、仲介をしているわけではないため、仲介手数料がかかりません。

保証会社や保証人契約をするところも、一部のシェアハウス運営会社が取り入れているようですが、ほとんどの会社はやっていないかと思います。

※保証人や保証会社をつけていないデメリットと、その理由
・入居者本人が家賃を払えない時に、他の人・会社が保証をするというシステム。
大家さんからしたら、とりっぱくれの心配がない。
・理由は、保証人・保証会社をつけない=入居の敷居が低い、という事になりますが、
シェアハウスは審査はありますが、入居しやすいが一つのメリットとなっています。

シェアハウスのメリットは、家具家電が揃っている物件が多いです。
引っ越しをしたら、家具家電を購入する必要があり、その分余計にお金を使います。「家具家電が揃っているから」「初期費用が抑えられる」と、このような問い合わせ理由が多いです。

また、いろんな国の人もいるので、外国語や外国文化を学ぶチャンスもあるかもしれません。
僕自身、シェアハウスに住んでいたころ、たくさんの知らなかった話を聞きました。
(今すぐに思い出せませんが・・・)

デメリットは、価値観などが違う人と同じ空間を共有しなければならないこと。
隣人トラブルもないとは言い切れません。また、外国の人が多いからこそ、水回りの使い方が悪いとか、土足で物件内を歩いているとかいろいろあります。

・ドミトリー
正直、未知数です。
知っている限りのことを書きます。
まず、1部屋を数人で使用します。
例えば、6畳部屋に3人とか4人とか。
結構やばいのもあります。
3畳に二人とか…

もちろん賃料も激安です。入居するための費用は5万もかからないでしょう。
都内でも3万とか4万で住むことも可能。

トラブルは絶えないです。
○○を盗まれたとか。
ともかくプライベートがないです。
そうゆうところに一緒に住める友達を探すのも苦労するんじゃないかと。

ほんとにお金のない人達が選ぶ場所だと思います。

お部屋探しをする際、物件は見る前に思いっきり絞っちゃってください。
見すぎると自分が何を求めているのか分からなくなってきます。
なので、図面で多くの物件を見て、実際に見に行くのは3〜4物件にするようにしてください。

そして、もう一つあります。
アパート・マンションであろうが、シェアハウスだろうが、運営会社も見るように。
判断する簡単な方法は、いい加減かどうか。細かいところまで出来る限り質問するべきです。

また、案内してもらう営業の人にちゃんと説明を受け、その人に契約をしてもらうようにしたほうがいいです。

言った言わないの話になりかねないので。僕のお客さんにもいました。

「案内してもらった営業さんから聞いた話が違う!営業さん出してくれ」

「今日は休みです」

結局この人は契約しなかったので、うちに来たのですが。営業から鍵交換代などがかからないと聞いていたのに、他の営業からはかかると言われたそうです。

物件に住む時、細かいところとか多くの人が意外と聞いていなかったり、説明されてなかったりします。
営業さんも人間です。

言った言わないという問題が起きるのであれば、書面にして落としこんでもらって、その書面に聞いた話をどんどんかいていきましょう。営業さんの前で。

あまり悪質な業者はいませんが、予防線ははっといたほうがアンパイですので。

それでは、皆さん花金を楽しんでください!


posted by 2歳児のパパ at 22:53 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

問い合わせがないのはなぜか…

こんばんは!
仕事終わりの今です。
スマホで更新中(´・ω・`)

まず、今日の行動範囲から…細かい場所まで言ってしまうと、バレル可能性もあるので大まかに話します。

横浜スタート→川崎市高津区→東京都大田区→埼玉県さいたま市

今日も結構移動しましたが、内覧の案内ではないですm(__)m前にも話しましたが、うちは管理もやってるので清掃業務や住人対応もやります。

今日はまさにそれのためだけにこんなに移動しました。

住人対応は、主に隣人トラブルや居室内設備のトラブルになります。
隣がうるさい・ゴミの捨て方などや、エアコンが動かない(全物件エアコン有)などです。

今日は、テレビが急につかなくなったとの連絡。調べてみると、原因は分かりましたがその住人さんでは対処出来ない内容でした。

行動範囲からすると時間的にギリギリだったため、翌日に回そうと考えていましたが、住人さんは困っていました。

後回しにすると、住人さんもストレスが溜まり、爆発してしまうので早めに解決しなければと思って、向かった次第です(TT)

無事、テレビが見れるようになったのでよかったです。最悪、業者依頼になるとさらに時間かかる可能性もありました(´・ω・`)

本題
問い合わせやお客様のご案内がなかったから、タイミングよくわざわざ埼玉まで行くことが出来ましたが、問い合わせが少ないのが大問題。
(住人対応ももちろん大事ですが)

うちは、東京都・神奈川・千葉・埼玉と非常に広範囲でやってます。
やはり問い合わせが多いのは、東京と神奈川。そして、なぜか千葉の問い合わせが多いんです…

自分は東京・埼玉を担当していますが、千葉のほうが多いんです(TT)
会社として問い合わせが多いのは喜ばしいことなんですが、担当制なので自分のところで契約入居を増やさなければいけません。

サイトやポータルサイトも、写真入れ替えや文面も、都度変更してます。

うちの物件は、どこも都内まで30分以内(神奈川・千葉・埼玉)なので、立地はそこまで悪くありません。駅近物件(徒歩10分以内)も多いです。

しかし、なぜ…

年末にお部屋探しする人はそこまで多くありませんが、不動産業は時期のせいには出来ないんです。

でも、心の中では、どうしても時期のせいにしてしまいます。

一つ思い当たるのは、千葉の物件は家賃が安いのです。かつ都心に出やすいメリットがあるため、問い合わせは多かったりします。

しかし、千葉の問い合わせが急に止まる事もあります。
長期安定して、問い合わせ・入居率を上げるのは難しいですね。

この答えが分かってたら、どの不動産会社も苦労はしませんよね(*_*)

物を売るときも似てる
物を売るときもそうですが、時期も多く関係してます。

ただ、よく分からない例が、アイスを食べるのも、冬に食べる人だって多いです。(自分もそうですが…)

夏に海の家でラーメンを食べる人だっています。あれは、海の家という「場所」がそうしてるのかもしれませんが。

ただ、冬にかき氷やっても、なかなか売れないと思います。アイスは売れるのになんでなんでしょう。書いてて自分で思いました(´・ω・`)

飲食のマーケティングは、奥が深すぎます( ゚Д゚)

いつも気になっていたのは、夏になると都内でかき氷専門店がテレビでよく取り上げられますが、冬になったらどうしてるんでしょう…短期で店舗借りて撤退してるのかな…

お部屋探しのタイミング
この時期にお部屋探しをスタートするのは、絶好のタイミングでもあります。空室がある又は空室予定の物件が見つかるからです。

情報収集は何事にも早いほうがいいですが、年空けてから「気になっていた部屋がない」とか、「余りの部屋しかない」のは非常に苦痛なことだと思います。

理想の部屋が、必ずしも見つかるわけではないので、ある程度妥協は必要かもしれません。しかし、やっぱり住むところなので、出来るだけ妥協点は少ないのがいいですよね。

というわけで、引っ越し自体が2〜3か月後先でも気になる物件は、お気に入り登録する、又は実際に見に行ってみましょう!!

※スマホでずっとタイプし続けるのは疲れるヽ( ̄▽ ̄)ノ笑

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 20:10 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

部屋探しのために店舗まで行く必要がない

こんにちは、只今嫁にお昼ご飯を作ってもらっている間に更新しちゃおうと…僕です。

昨晩家に帰ってきたのは23時頃…繁忙期に向けてというのもあれば、超問題入居者の対応でこの時間になりました。
管理がメインなので、そうゆうことまでします(´・ω・`)

繁忙期に向けては、サイトの見直し・写真撮影・物件清掃など諸々あります。

そこに内覧や事務作業が入ってくるので、不動産はやっぱり大変だなと思う。でも他社に比べたら圧倒的に楽だと感じるところもある。

この時期でももちろんお部屋探しのお問い合わせが入りますが、「入居時期が来年2月です」「3月頃検討しています」という方が多いので、中々契約に繋がらず(TT)
今が我慢の時期ですが、契約して入居率良くして稼ぎたいですヽ( ̄▽ ̄)ノ

新しい部屋を探す。でもめんどくさい・・・
今の時代、インターネットで部屋探しをする人が多くなったと思います。

でも、僕はいつも希望のエリアの不動産屋さんに行っちゃいます。

分からない事があってもその場ですぐ聞けるし、実際に内覧に行くことも出来るので、スピーディーに感じるからです。

もちろんインターネットで、そのエリアの相場を調べた上で店舗に行きます。

しかし、「お店まで行く時間がない」「交通費がかかるしな〜」「そもそもめんどくさい」という方は、多かれ少なかれ、います。
インターネットでお部屋探しも、suumoやホームズなど見ればたくさんの物件を見る事が出来ますが、気になる事があってもすぐに聞けなかったりするので、一方的な検索になります。

そのような問題を解決してくれるのが「チャット不動産」です。



返信対応時間は、朝9:30〜夜0:00時のため、「仕事が遅くなった」という方でもお部屋探しだったり、相談が出来ます。チャットであれば、時間も交通費も節約が出来るので、とにかく楽です。

(電話は9:30〜21:00まで)

(もちろん、内覧や契約は現地に行かないといけませんが)

面白いのが、サイトに飛んでみると、ページ横に「専門スタッフ〇名オンライン・待機中」と表示があります。それを見て、「今、込み合ってるんだな」などと思ったり。要するに、「今ならすぐに返信がある!」という状態が分かるので、チャットでもストレスなく相談が出来るので、非常に便利です。


電話だと長電話になったり、顧客がよく理解していないと営業さんの口調も少しずつ強めになっていくのを感じるという話を聞いたり、インターネットで見たことあります。

対象エリアは「ほぼ」全国

こういったサービスは関東圏のみの案内かと思ってました。

下記エリアで対応してくれます。


・東京

・神奈川

・埼玉

・千葉

・大阪

・京都

・兵庫

・奈良


ただ、「アパート」や「マンション」を紹介してくれるというだけでなく、コンセプト等でも絞れるので、理想により近い物件を探す事が出来ます。

・アパート

・マンション

・一戸建て

・高級賃貸マンション

・タワーマンション

・デザイナーズマンション

・ペット可

・女性専用

・シングルマザー向け物件

・バリアフリー

など。

(一部エリアを除く)


ところでイエプラって?

東京都豊島区にある不動産会社で、設立は2010年とまだ若い会社ではありますが、HPを見ると社員は450人とめちゃくちゃ多いです。さすが、関東・関西の物件を紹介してるだけあります。

Yahooや、めざましテレビ、朝日新聞などにも取り上げられ、さらに「4年連続ベストベンチャー表彰」を受けているそうです。

お部屋探しを考えている人は、今から始めたほうがいいです。来年考えている方もそうです。

来年に入ったらお部屋探しを考えている人は、時すでに遅しですよ!

自分がいいと思った部屋は、数日経ったら、なくなっている可能性があります。年内に目星をつけて、早めに内覧・申し込みまで進めたほうがいいと思います。

今は、アルバイトを応募するにも、LINEでも出来ちゃうくらい気軽になってるこの世の中。働くためにこんな緩い方法を使っているくらいなら、お部屋探しも気軽にストレスレスに探せるほうがいいと思います。

うちの会社も似たようなことできないかなーって…何か違った方法で集客とか出来ないかなーって…

昨日のヤフーニュースでは、終日営業してたファミレスなどが24時間営業をやめるだとか、朝活で早めに出勤して早めに帰宅するなど、さまざまな職種・企業が今までのやり方を変えて効率よくまわすようになってきてます。

やはり時代・需要に合うように供給者も対応しなきゃいけないですね

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 13:09 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする