2018年04月14日

問い合わせはLINEが4割

こんばんは、僕です。

不動産のニュースを見てたら、こんな記事がありました。

問い合わせ、「電話よりLINE」が4割超 
https://www.re-port.net/article/news/0000054923/ 
不動産流通研究所


時代は、やはりLINEですね。
株式会社LINEはウハウハですね( *´艸`)

人間はやっぱり楽な方法を取ります。

beb772f17ad836545ba53e2e32f66293_t.jpeg

先に結論から話すと、タイトル通りです。

物件への問い合わせ方法は、ネットでSUUMOやHOME'sなどのポータルサイトからの問い合わせ、電話での問い合わせ、店頭で物件探しなどがありますが、全体の4割がLINEで物件の問い合わせをするとの事。

全ての会社がLINEで問い合わせが出来るようになっているか分かりませんが、このデータは特にシェアハウス業界では非常に大事な事です。

なぜなら、LINEの使用年齢とシェアハウスの需要年齢がダブるからです。

物件探しをする・かつLINEユーザーって、20〜30代が多いと思うんですね。
シェアハウスにもろドンピシャなんですよ(=゚ω゚)

LINEって既読機能があるし、一般的なメール機能と違って、送信したらすぐに届くじゃないですか。
メールもすぐに届きますが、若干タイムラグがありますよね?

しかもメールだと、堅苦しい言葉になりがちなので、若者に需要があるシェアハウスは、むしろそのほうがユーザーからは親しまれやすい気がします。

LINEを使う事のメリット・デメリットを個人的に考えてみました
あくまで、うちのシェアハウスで利用する場合のメリット・デメリットになります。

<メリット>
・問い合わせがあれば、即やり取りが出来る
・基本的にはちゃんと連絡が取れる
(メールだと迷惑メールに入ったり、返信がなかったりする)
・互いの返信速度も速いため、気になる質問も出来るし答えれるし、内見予約まで持っていける。

<デメリット>
・ひやかしの問い合わせもあるかもしれない
・夜間の対応が出来ない
・クレーム対応も合間に入ってくる可能性もあり
・従業員の数がそれなりにいないと、LINEの問い合わせに対応しきれない
・よって、タイムリーがウリなのに、タイムリーに返信が出来ないかもしれない

実は、会社にも提案をしたことがあります。
その時はLINEではなく、チャット機能の導入です。

そしたら、上に書いたデメリットの事を言われました。
すぐに返信出来るの?
事務方がいつも受付対応するわけにもいかない、他にも事務作業あるでしょ?って。

やってみなきゃ分からない!って思いましたが、ここは学校ではないため、LINEで対応が出来る根拠と対策を上司に伝えないと「やろう!」ってなりません。

ましてや、「じゃーお前が回してみろ」って言われたら、それはそれでブラックすぎます。笑
効率よい方法を考えなければいけません。

<僕が今思う対策>
・LINE機能は会社の営業時間に合わせてオン・オフを切り替える事でタイムリーに返信出来るかどうかの不安要素を少し減らす。

・事務所には毎日1〜2人はいるので、全従業員共通でLINEを導入し、全員が対応できるようにする。

・クレーム連絡は、別アカウントか自動で別メールアドレスに飛ばすようにする。

・従業員数については物理的な問題・会社の根本的な問題のため、とりあえず今いるメンバーで回すしかない。

LINEを導入し効率よく回せるようになれば、問い合わせも増えるかもしれないですし、内見率も高くなります。

毎月、問い合わせ単価を計算をしています。
LINEを導入する事によって、問い合わせ単価をもっとぐっと下げる事が出来たら、一石二鳥です( ゚Д゚)

(問い合わせをもらう前に、商品であるシェアハウスをよりデザイン性のあるものに変えていかないといけないんですけどね。汗)

人って、ずーっとアイデアを考えてると、何かしたらアイデアが出てくると信じています。


マーケティングの本を選ぶ時に、多くの人がこの本を推奨していました。
低迷していたUSJをV字回復させた時のお話です。
全260ページ近くありますが、小説本のような小さな本なので、電車の中とか通勤中にも読みやすいサイズなのでオススメです。
価格も600円台なので、マーケティングのビジネス書としてはかなりオススメです( *´艸`)

諦めなければ、信じ続けていけば、いい方向に進むと信じています。
やってみるまで結果を見るまで、それが正しいやり方だったかは分かりませんが、根拠を持った理論・やり方であれば、周りは付いてきますし、結果も付いてきます。

シェアハウスにも通ずるところがあるこの本には、「新しい施設を建てるだけでなく、既存建物のリフォーム・リノベーションをして、価値を高めていく必要がある」とありました。

(8割方のシェアハウス運営会社は、既存建物をリフォームをして、再利用をしています。
どこぞの会社みたいに、新築シェアハウスなんてところはあまりないです。
コスパに合いませんからね・・・)

客層が若干ずれるところもあるし、予算額もまるっきり違いますが、USJの革新的な考えは、シェアハウスにも生きてくると信じて、アイデアや考え方などを吸収するために読んでいます!

僕は、現場も修繕関係も後輩の面倒も見ているため、脳内を絞り上げてアイデアを出す事は出来てないですが、今までのシェアハウスにないものを創りあげたり、今までにないコンセプト造りが出来ればいいなって思います!

最近ビジネス書を読み漁っているので、どんどん自分の会社にアウトプットしていければいいなって思います。

まずは、今更ですがLINEの導入・検証・効率等を考えて、ベースアップを目指します( 一一)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
ラベル:シェアハウス

posted by 2歳児のパパ at 22:16 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

家やマンションを買うときの手数料を払わなくても済む!?

こんばんは、僕です。

僕は今年31歳になります。一般的には、オッサンって呼ばれるか呼ばれないかの境目くらいの年齢かと思います。(まだオッサンは嫌だ・・・)

今は賃貸に住んでいますが、そろそろ家が欲しいねって嫁さんと最近よく話します。

79857a1193685112791775c6883a8761_t.jpeg

家買うときの悩みって、まずは場所だと思います。
幸い、僕は今転勤がない仕事をしているため、引っ越しが伴う事はありませんが、今の会社に死ぬまでいるつもりもないです。

元々、地元で働きたい欲が強い僕ですが、今とそこまで場所が変わらないので、場所はこの近くでいいかって感じです(´・ω・`)

この場所でいいかって思うのに、死ぬまでここに住むって考えると、なかなか踏ん切りがつかなくて困っています。死ぬまでこの場所で仕事するぞ!ってなれば、職場の近くにやはり住みたいので、思い切りが出来ると思うのですが・・・

大きな買い物なので、慎重になりすぎないように慎重になりたいです。笑

人間の心理ってよく出来てます。
欲しい時にその広告が入ってくると、一気に食いついてしまうんですよね( ゚Д゚)

新築戸建て・中古戸建・新築マンション・中古マンションのチラシがよく入ってきます。
毎回チェックですよ。

しかし、いつもうちに来るチラシには希望のエリアがあまりないため、今度時間に余裕があれば店舗に足を運んでみたいなって最近ずっと思ってます。

チラシを見てると、頭金はゼロ円・ボーナス払い無しをよく見かけます。
すごい魅力的ですが、月々の支払が厳しそうですね・・・

また、物件を契約するときにかかる費用は、頭金だけではないです
案外、費用がかかるので要注意ですm(__)m

●申し込み証拠金
申し込み(契約ではない)を撤回する場合は返金され、契約になる場合は手付金の一部になる。

●手付金
契約時に売主に支払うお金で、契約をキャンセルする場合は戻ってこない。
最終的には物件代金にあてられる。

●印紙税
売買契約書に印紙を貼る時に必要な税金。

●仲介手数料
物件価格 × 3% + 6万円 + 消費税がかかる。(最大)

●不動産取得税
不動産の購入時に支払う税金。

●固定資産税・都市計画税
1月1日の不動産所有者に対してかかる税金。

●登記費用
不動産登記(所有権の保存または移転など)等の手続で、司法書士に依頼する場合の報酬。

以上が、基本的な費用になります。
調べてると泣けるくらい激しい出費ですね・・・
実家に戻りたくなってきました(-_-)

家やマンションを買った後には、維持費や固定資産税等の税金の支払いがかかってきます。
ローンもありますよね。

マンションは、毎月のローンに加えて修繕積立金もかかってきます。
文字通り、例えばマンションの外壁工事を行う時に使われたり、その建物のメンテナンス費用として、住人は支払う必要があります。

一方、戸建ては修繕積立金制度はありませんが、いざ外壁工事をしましょうとなった場合は、一気にお金を払う必要があります。

どっちもお金はかかるんだなーって思いました(;^ω^)

少しでも安くって思って調べてみると、なんと買うときも売るときも首都圏の不動産売買の手数料が最大無料の企業が広告を出していたので、思わず見てしまいました。

手数料が無料を舐めたらいけません。
上でも書きましたが、最大で物件価格 × 3% + 6万円 + 消費税になるわけです。

3,000万の家を買った場合、

3,000万×3%=90万
そして90万+6万×消費税=103.68万円

が手数料として払う必要があります。

物件価格が3,000万円に比べると手数料が少ないですが、普通に考えたら安くはありません、錯覚です。
怖いですね(T_T)

こんなにお安くしてくれるのは、首都圏中心のREDSで、ヒノキヤのグループ。どうやら従業員は全員宅建士資格を持っているようです。

(ちなみに士業に変わったため、難易度が多少アップしました。2016年?頃から。要するに全員がプロ中のプロといっても過言ではないと思います。

通常、事務所内で5人に1人は宅建士の資格が必要なんです。
4人は持っていなくても大丈夫なんです。
(不動産業だったら、資格保有しているほうが仕事の幅は広がるんですけどね。重要事項説明書とか)

このREDS、リスティング広告でもよく見ます。

首都圏が中心とのことで、対象エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉なので、これらのエリアで家・マンションを買うのを考えている方は、REDSで一度話を聞いてみましょう。

出来るだけ安く買えるほうが絶対いいです!
お金がない僕のような人間は特に注目です。

嫁さんと子供には充実した生活を送ってもらいたいと思いますけど、無理する買い物は自分の首を絞めるだけ。

出来るだけコストは抑えたい一心です。笑

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 23:19 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

全国津々浦々。色んな部屋探しのサイトがあるけど、これもいい。

こんばんは!
只今帰宅中です。

とうとう12月にも入り、年越しまで残り1か月切っております。

本日、11月の問い合わせや契約率の集計をしていたのですが、問い合わせ数が10月より30件近く増えていました。

どうやら新年の新生活に向けて、あるいは2月3月の新生活に向けての部屋探しが始まったようです。

正直な気持ち、管理側からしたら、入居がまだ先なのか…というのがありますが、やっと世の中は引っ越しムードが漂い始めました。

僕はシェアハウス運営会社に勤務していますが、世間の目は厳しく、シェアハウスで安く住み始めるより、多少初期コストを払ってでも一人で暮らす方が大多数です。

まぁ、いくら同年代の人が多いとはいえ、赤の他人と建物を共有して住むわけですからね。トラブルが全くないといったら、嘘になりますm(__)m

一般賃貸の力はやはり強いです。
単身者からファミリー層など、需要が幅広いですし、間取りも充実してますからね。
設備や場所を選ばなければ、シェアハウスと同様に敷金や鍵代がないところも増えてきていますから。

スーモやホームズなど、色んな管理会社が物件を掲載しているポータルサイトは、CM効果で認知度が広まり、部屋を探すならここ!って感じになっているかと思います。

しかし、ポータルサイトによっては、掲載されていない物件も多数存在しています。
不動産業に関わらず、やはり多くの閲覧者が利用しているメジャーなサイトで集客するのが主になっています。

今回、スーモやホームズなどで理想の部屋が見つからない!って人に下記ポータルサイトを薦めたいと思います。






使い方は、スーモやホームズとさほど変わりはありません。

部屋探しは、情報網が全てです。
中には、スーモなどに掲載不可の物件もあったりします。(管理会社の意向で)

しかし、こちらのサイトでは、全国12000社300万件の物件が掲載されています。

もちろん中にはスーモやホームズで掲載されてる物件もあります。

(ちなみに、スーモとホームズは2016年時点で600万件越えてました。負けてます…)

大体、どの不動産業者もスーモに物件登録すればホームズも一緒に登録するところが多いです。ということは、ここに掲載されていない物件もあります。

店舗にいって、直接探すのもいいかと思います。が、その場合は、それぞれ自社の物件を契約してもらうため営業さんは全てを紹介してもらうことは中々ありません。

ネットでたくさん情報を得て、いろんな物件を見て、精査出来ればきっと理想の部屋が見つかるはずです。

(いくつか妥協も必要ですけどね…)

まぁ、選択肢のひとつして、スーモなどと併用して見てください(´・ω・`)

最後まで読んで頂きありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 21:33 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

女性専用シェアハウス(CMでもやってたやつ)

世の中には、男女で分けられてるものが多く存在してます。

トイレやお風呂は当然別々ですが、他にも女性専用車両・女性専用ジム・女性専用ネカフェなどがあります。

そして、今回こちら。




「かぼちゃの馬車」の女性専用シェアハウス。ベッキーさんがCMで出てたやつでしたかね。

僕も同業ですが、紹介したところで特に問題や影響はありません。
かぼちゃの馬車さんの女性専用シェアハウスは、確か全て新築や築浅の物件が多く、キッチン用品やその他水回りの設備がしっかりしていて、かつ綺麗な物件が多い印象です。

玄関には監視カメラやオートロック機能があり、セキュリティーも万全で女性が安心して生活しやすい環境が整っているかと思います。

僕のところも同じですが、シェアハウスということで、入居時にかかる費用も一般賃貸と比べるとかなり抑えめになっています。

立地や部屋のサイズ等によって異なりますが、平均4万円前後。プラス共益費(水光熱費・ネット)込みで5万円台が多いのではと思います。

一つの建物を数人で借りるため、一人あたりの費用を抑えれるがシェアハウスの大きなメリットとなります。

また、家具家電付が多いので、別途個人で必要なものがあるケースを除き、特別何かを買う必要がないのも、初期費用を抑えられる点になります。

また、短期入居(会社によって最低入居期間は異なる)も可能のため、よくレオパレスと比較されがちなのですが、そこよりも月々の賃料は数万円割安です。

費用面では圧倒的なメリットを持つシェアハウスですが、デメリットも当然あります。

それは、住人によってそこでの生活が天国か地獄か別れます。

かぼちゃの馬車さんのシェアハウスは、戸建てが多く、規模も大きくないので、他の住人との距離が近いです。

よく聞くのは、「物件は気に入っていたけど、他の住人さんに嫌がらせされるので、引っ越しを考えてます。」という声。

正直、住んでみるまで分からないところですし、僕らも審査は掛けていますが、人間性の細かいところや、その人の生活態度までは見ることが出来ません。

非常識な行動や態度を取る人に関しては、うちもそれ相応の対応はさせていただきますが、会社によってやり方が違うと思うので、シェアハウスを検討している人は、一つの会社に絞らず、色んな運営会社や色んな物件を見るべきです。

またシェアハウスの口コミを調べたりするのも一つの方法です。
(注意点は、悪口に関しては、書いている人が悪いかもしれないですし、本当に運営会社が悪いのかもしれません。自己判断でお願いします)

ちなみに大型シェアハウスであれば、全員と関わることも滅多にないので、ある意味気楽かもしれません。

シェアハウスは、入居してみたら皆いい人かもしれませんし、そうでないかも知れません。

費用は抑えれますが、ある意味冒険かもしれませんね…シェアハウス業界にいる自分が言うのもなんですが…

女性専用で考えているなら、かぼちゃの馬車さんから当たってみるのもいいかもしれません。




最後まで読んで頂きありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 22:21 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

実家に戻るか新しく家を買うか…

※この記事は、2018年4月22日に更新をしています。

こんばんは、僕です。

僕は長男の上、両親もそこそこ年齢がいっているので、実家に帰るとこういう込み入った話をされます。

今は賃貸ですが、あと数年したら家・マンションを買いたいなってよく嫁さんと話しているところに、両親から将来は実家に帰ってくるの?と聞かれます。

実家に帰るとメリットもたくさんありますが、デメリットもあるような気がして、迷っているんですよね(´・ω・`)

53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_t.jpeg

●実家に住むメリット
1.家賃がかからない

頭金もなし。ローンもなし。
今と比べたらかなり貯金が出来ますよね!

2.家を買う必要がない

悪く言えば、選択の余地なし。
気になるところは自分で模様替えとか修繕を行うしかないですね。

3.経済的にも精神的にも助かる

ただ、名義が自分になったときに固定資産税や保険などのお金がかかってくる。
けど、月々のローンに比べたら、全然安いものです( *´艸`)
また、嫁さんにも悪いですが、自分自身の精神的安定感は半端ないでしょうね・・・笑

●デメリット
1. 嫁さんに気を使う(または嫁さんが気を使う)

嫁さんは優しいので言葉にはしないですが、心の奥底ではどう思うのか・・・

2. 職場から遠くなる

僕の場合、職場から遠くなる=駅すらも遠くなる、なんですよね〜
転職するしかない!てか、転職したい!

また、色々とネットで情報を調べていると、持ち家・持ちマンションの場合、地域の行事に出る必要があるようですね。
考えてみれば、僕の親も近所の排水溝のとこを近所の人達と一緒に掃除をしていました。

近所付き合いとはこのことを言うんだなと。
こうゆうところから、変な噂やありもしない話が出回っていくんですね。(ぇ
地域行事に出れなかっただけで、色々と文句を言ってくる人もいそうだし。
怖い怖い( ゚Д゚)

賃貸vs購入だったら、比べようがありますが、実家に戻るか新たに家を買うかって話になると、いずれも購入になるんで比べようがないですね…笑

問題は、実家近くで仕事を探さなきゃいけないのと、嫁さんが僕の親と一緒に住んでも問題ないかという点だけなんです。

そもそも家を買えるほど、稼ぎも貯蓄もない上、今の会社で今後家を買える余裕が出来るとも思えないので、転職するなら実家の近くがいい、地元がいいって考えていたのです。

だって、頭金って平均購入代金の10分の2ってよく言われるじゃないですか。
3,000万の家を買うにしても、600万の頭金を払う事だってあるわけですよ。

まぁ、今は頭金なしでもOKなところもありますが、それでも月々の返済額が大きくなるので、どっちがいいかはなんとも言えません。

年齢が若ければまだいいですが、僕もあと数年で35歳になるため、35年ローンを組んだとしたら完済は70歳・・・
今の時代、そうゆう人も増えてきていますが、70歳まで払い続けるのかと( ゚Д゚)

もちろん、余裕が出来た時はプラスで払えたらと思いますが、子供も大きくなるにつれて養育費も増えていきます。
世の中のお父さんお母さんは、よく子供を育てていると思います( 一一)

一体何の仕事をしたら、そこまで稼げて家を買う事が出来たり子供を大学まで行かせてあげられるのでしょう・・・
こうやって書いてたら、悲しくなってきましたよ。笑

僕は田舎が好きなので、出来れば実家がいいです。
育った環境ですしね。

嫁さんがどうか…子供の教育的にどうなのか…が今後の議題になっていきそうです。
(嫁さんは正直には言わないと思いますけどね)

でも、この決断は早めにキリをつけたいですね。
実家に戻るとなったら、賃貸の家賃も無駄になってしまいますからね…

しばらくは親父の所有権ですが、僕に所有権が移った場合、所有したら所有したで結構お金かかるんだろうなって思います。
不動産取得税とかリフォーム代とか固定資産税とか…

いやはや、お金が欲しい。笑

最後まで読んで頂きありがとうございました!

p.s
今や既に出来ている家を買うより、注文住宅のほうが増えてきています。
注文住宅のほうが売れるって不動産の人も分かっているから、そうゆうプランを増やしています。
Townlife注文住宅相談センターでは、注文住宅会社を無料で紹介してくれるポータルサイトになります。

どうゆう家を作りたいのか、何から始めればいいのか、全くの初めての方でも安心して利用できるようになっています。
この注文住宅相談センターを通して、注文住宅会社と契約をした場合、10万円が贈呈されるようです。

10万円あれば、家具・家電を新調することもできそうですね。

注文住宅のほうが既存のものを買うより、高いのか安いのかは分かりません。
こだわり次第だと思います。
しかし、一生ものの買い物なら妥協無しの注文住宅がいいですよね。

相談や見積もりも無料なので、家の購入を考えている・注文住宅とはなんぞや?というまさに僕のような方におすすめです。笑

気になる方は、ぜひアクセスしてみてください!

posted by 2歳児のパパ at 07:26 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

名古屋のシェアハウスなら

本日2回目の更新になります。

シェアハウスに仕事をしている、
さらにマーケティングや集客関連の業務に携わっている僕としては、競合他社をチェックするのは当たり前になります。
(全てを網羅しているわけではありませんが)

たまたまシェアハウスを見てたら、とある広告代理店を見つけ、そこに名古屋のシェアハウスの会社を拡散してほしいとのことで、バナーを張り付けることが出来るそうなので、せっかくなので拡散します。

うちの会社は東京、神奈川、千葉、埼玉の南関東圏なので、拡散してもうちに影響がないと思うので、ここに張り付けさせてもらいます。





名古屋のシェアハウスといったら、この「シェアハウス180°」 らしいです。

関東圏以外のシェアハウスに関しては、ほとんど情報はうちに入ってこないので、こういった紹介をさせてもらおうかと。

物件のハード面(設備等)とソフト面(入居者等)は、日本全国どこも変わらないですね。

この会社のシェアハウスは、コンセプト付物件多数のようです。

・英会話シェアハウス
・起業シェアハウス
・バーカウンターのあるシェアハウス
・料理好きが集まるシェアハウス

などなど。

こういったコンセプト付シェアハウスが増えてきています。

以前、テレビで見たのがIT企業勤めの人だけが住むシェアハウス。

ITに関しても様々な職種があるため、それぞれ違った分野の情報交換や勉強が出来るそう。外部からも講師を呼んで、さらに知識・実力をつけていける、みたいに紹介されてました。

このシェアハウス180°に関しても、IT専門シェアハウスがあるかどうかは置いておいて、そういったコンセプト付シェアハウスを運営管理しているということは、外部から何かしらの講師を呼んでいることでしょう。

英会話と料理好きが集まるシェアハウスであれば、フリーランスや英会話スクールに所属している外国人講師や、料理教室の先生を呼んだり…

ソフト面に関しては、パット見分かりませんが、物件はやはり綺麗です。設備も充実してます。

料金も、月々の家賃は安いですが、初期費用として保証金1ヶ月分とか記載があるため、やや高めとなっているようです。

ただ、同じ業界の人間からすると、初期費用が少し高いとこって、管理はしっかりされているイメージです。

しかし、広告代理店に、バナーを張り付けてもいい、拡散してほしいってことは、人が入っていないようにも思えます。
(僕が今までこの会社の事を知らなかっただけかもしれませんが…)

お部屋探しに関しては、一般賃貸もシェアハウスも百聞は一見にしかずです。

シェアハウスは特に事前一度見なきゃいけないです。

多くのシェアハウスの写真は綺麗な状態で撮影しています。

色んな人が住むシェアハウスは、清掃をした夜や翌日にはごった返している可能性もあります。

管理会社や清掃会社が毎日入っているなら別ですけど。

シェアハウスを見学する際、一つアドバイスとして、共有部の張り紙もチェックしたほうがいいでしょう。

大概が注意喚起のものです。それを見れば、そのシェアハウスがどうゆうシェアハウスかってことがある程度イメージ出来ます。

例えば、「キッチン用品は部屋に持っていかないでください」とか。

誰かキッチン用品を持っていっちゃって、なくなったんだ…って思います。

共有部のものを持っていって戻ってこないということは、そうゆうことをして他の人が迷惑になってることを気にしない住人さんがいるということになります。

僕だったらそう感じます。

なので、ハウス内の設備や雰囲気だけでなく、張り紙もチェックしてみましょう。

補足として、そのシェアハウスの運営会社さんご案内してくれると思いますが、実際に内覧しているシェアハウスのメリット・デメリットも聞き、どうゆう住人さんがいるのか(男女比・年齢層・国籍など)も事前に聞いておけば、入居してからのイメージがしやすいと思います。

今回このブログでは、名古屋の SHARE HOUSE 180°

を紹介しましたが、全国どのシェアハウスを見るときは、聞けることは全て聞くべきです。

なんてったって、見知らぬ人と同じ屋根の下で生活をしようとするわけですから…

うちの会社も、どこぞの広告代理店に拡散してもらうように頼めばいいのに…って思う( ̄ー ̄)

まぁ…名古屋で安く住みたいなー、シェアハウスって楽しそう、シェアハウスに興味がある人は、まずはここで一度見てみるべきです。





運営会社によって、管理体制・料金体系・契約形態などが異なるので色んな会社のシェアハウスを見るのも良し。一つの会社で色んな物件を見るのも良し。

お部屋探しに正解はありません。

結果論になりますが、住んでみてよかったと感じれるシェアハウスが見つかるといいですね。

悪い評判もネットの口コミであったりしますが、全てがそうゆうわけではないということを覚えてといてもらえるだけで、シェアハウスの仕事をしている僕としては大変有難いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 20:26 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

大移動の時期

こんばんは!
超久しぶりの更新になります。そして、今年初です、あけおめです。(おそっ)

不動産業の仕事をしているため、年明けからずっと繁忙期です。ただ、内覧にきても、話を聞くと「入居は1か月2か月先です」と言われるとすぐに契約が出来ないのです。

人に入居してもらって初めてお金になるので、やはり入居が早い人が優先になります。

広告費等お金をかけてますが、そうゆう方が多いのでお金(会社のお金だけど)が垂れ流し状態です(TT)

しかし、問い合わせの数は倍以上です、やはり。人によっては、引っ越し時期が先だったけど、部屋がなくなるかもしれないという焦りもあり、前倒しで契約する人も少なくありません。

来る人もいれば、去る人もいます。

人の超大移動です。

ネットやわざわざ店舗でまでいって物件探すのも正直面倒です。情報が多すぎたり、時間かかったりと…僕自身も何回か店舗に足を運びました(´・ω・`)

そうゆう人はこれ。




前にもご紹介しましたが、やはりなんといっても便利、そして楽。不動産の人とはチャットのやりとり。まさに時代に乗っ取った物件探しかと。

要チェックでっせ( ̄▽ ̄)ゞ

posted by 2歳児のパパ at 21:14 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

様々な住居形態がありますl一般賃貸やシェアハウス

こんばんは!

業務が立て込み、今帰りです。

でも、もっと遅くまで頑張ってる営業さんもいるんですよね。

自分も頑張らないとって、いつも思います。


日本は海外からの影響をもろに受けています。

洋食が好きな人が多かったり、床に座ってテーブル囲んでご飯食べる習慣も、ダイニングチェアに変わっていき、生活スタイルが欧米化となっているのは、今に始まったことではありませんが…

世の中、グローバル化が進んでいるため、幼稚園や小学校から英語教育も始まっています。

(まぁ、日本はアジア圏の中でも英語レベルが低いですからね。島国だからしょうがないといえば、しょうがないです( ゚Д゚)


住居のスタイルも変わってきています。

今までは、アパートやマンション、更には賃貸戸建てなどがありましたが、欧米の文化を取り入れた住居スタイルも増えてきました。


それは「シェアハウス・ドミトリー・ルームシェア」です。


違いは、順を追って説明していきます。


アパートやマンション

ご存じの通り、完全に他の部屋と独立し、シャワー・キッチン・トイレなどが室内にあります。


不動産仲介業者がいて、物件大家さんとお客さんを繋げます。間に入って仲介してくれるので、基本的には仲介手数料がかかります。長期的に住む方が多いので、部屋修繕費に充てるための敷金や鍵交換代、火災保険料が必要になり、また家賃未納で逃げられないようにするため、保証人や保証会社とも契約が必要です。最近は、敷金礼金を取らない大家さんが増えてきたので、少し割安になってきた部分もあります。


シェアハウス

寮やホテルを、イメージしてくれたらと思います。

物件によっては、室内にキッチンやトイレがあるところもありますが、ほとんどのお部屋は水回りがありません。


部屋があって、水回りやリビング等の共有部を、他の不特定多数の人と共同で使用します。

テレビでやってる「テラスハウス」があてはまりますかね。

あれは、やらせの部分もあるので、リアルなシェアハウスは似たようなところもあれば、そうでないところも当然あるはずです。


シェアハウスは、大家さんから管理・運営企業が借りて、それを更にお客さんに貸す「転貸」をしているところがほとんどです。なので、仲介をしているわけではないため、仲介手数料がかかりません。


保証会社や保証人契約をするところも、一部のシェアハウス運営会社が取り入れているようですが、ほとんどの会社はやっていないかと思います。


※保証人や保証会社をつけていないデメリットと、その理由

・入居者本人が家賃を払えない時に、他の人・会社が保証をするというシステム。

大家さんからしたら、とりっぱくれの心配がない。

・理由は、保証人・保証会社をつけない=入居の敷居が低い、という事になりますが、

シェアハウスは審査はありますが、入居しやすいが一つのメリットとなっています。


シェアハウスのメリットは、家具家電が揃っている物件が多いです。

引っ越しをしたら、家具家電を購入する必要があり、その分余計にお金を使います。「家具家電が揃っているから」「初期費用が抑えられる」と、このような問い合わせ理由が多いです。


また、いろんな国の人もいるので、外国語や外国文化を学ぶチャンスもあるかもしれません。

僕自身、シェアハウスに住んでいたころ、たくさんの知らなかった話を聞きました。

(今すぐに思い出せませんが・・・)


デメリットは、価値観などが違う人と同じ空間を共有しなければならないこと。

隣人トラブルもないとは言い切れません。また、外国の人が多いからこそ、水回りの使い方が悪いとか、土足で物件内を歩いているとかいろいろあります。


・ドミトリー

正直、未知数です。

知っている限りのことを書きます。

まず、1部屋を数人で使用します。

例えば、6畳部屋に3人とか4人とか。

結構やばいのもあります。

3畳に二人とか…


もちろん賃料も激安です。入居するための費用は5万もかからないでしょう。

都内でも3万とか4万で住むことも可能。


トラブルは絶えないです。

○○を盗まれたとか。

ともかくプライベートがないです。

そうゆうところに一緒に住める友達を探すのも苦労するんじゃないかと。


ほんとにお金のない人達が選ぶ場所だと思います。


お部屋探しをする際、物件は見る前に思いっきり絞っちゃってください。

見すぎると自分が何を求めているのか分からなくなってきます。

なので、図面で多くの物件を見て、実際に見に行くのは3〜4物件にするようにしてください。


そして、もう一つあります。

アパート・マンションであろうが、シェアハウスだろうが、運営会社も見るように。

判断する簡単な方法は、いい加減かどうか。細かいところまで出来る限り質問するべきです。

また、案内してもらう営業の人にちゃんと説明を受け、その人に契約をしてもらうようにしたほうがいいです。


言った言わないの話になりかねないので。僕のお客さんにもいました。


「案内してもらった営業さんから聞いた話が違う!営業さん出してくれ」


「今日は休みです」


結局この人は契約しなかったので、うちに来たのですが。営業から鍵交換代などがかからないと聞いていたのに、他の営業からはかかると言われたそうです。


物件に住む時、細かいところとか多くの人が意外と聞いていなかったり、説明されてなかったりします。

営業さんも人間です。


言った言わないという問題が起きるのであれば、書面にして落としこんでもらって、その書面に聞いた話をどんどんかいていきましょう。営業さんの前で。


あまり悪質な業者はいませんが、予防線ははっといたほうがアンパイですので。


それでは、皆さん花金を楽しんでください!



posted by 2歳児のパパ at 22:53 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

問い合わせがないのはなぜか…

こんばんは!
仕事終わりの今です。
スマホで更新中(´・ω・`)

まず、今日の行動範囲から…細かい場所まで言ってしまうと、バレル可能性もあるので大まかに話します。

横浜スタート→川崎市高津区→東京都大田区→埼玉県さいたま市

今日も結構移動しましたが、内覧の案内ではないですm(__)m前にも話しましたが、うちは管理もやってるので清掃業務や住人対応もやります。

今日はまさにそれのためだけにこんなに移動しました。

住人対応は、主に隣人トラブルや居室内設備のトラブルになります。
隣がうるさい・ゴミの捨て方などや、エアコンが動かない(全物件エアコン有)などです。

今日は、テレビが急につかなくなったとの連絡。調べてみると、原因は分かりましたがその住人さんでは対処出来ない内容でした。

行動範囲からすると時間的にギリギリだったため、翌日に回そうと考えていましたが、住人さんは困っていました。

後回しにすると、住人さんもストレスが溜まり、爆発してしまうので早めに解決しなければと思って、向かった次第です(TT)

無事、テレビが見れるようになったのでよかったです。最悪、業者依頼になるとさらに時間かかる可能性もありました(´・ω・`)

本題
問い合わせやお客様のご案内がなかったから、タイミングよくわざわざ埼玉まで行くことが出来ましたが、問い合わせが少ないのが大問題。
(住人対応ももちろん大事ですが)

うちは、東京都・神奈川・千葉・埼玉と非常に広範囲でやってます。
やはり問い合わせが多いのは、東京と神奈川。そして、なぜか千葉の問い合わせが多いんです…

自分は東京・埼玉を担当していますが、千葉のほうが多いんです(TT)
会社として問い合わせが多いのは喜ばしいことなんですが、担当制なので自分のところで契約入居を増やさなければいけません。

サイトやポータルサイトも、写真入れ替えや文面も、都度変更してます。

うちの物件は、どこも都内まで30分以内(神奈川・千葉・埼玉)なので、立地はそこまで悪くありません。駅近物件(徒歩10分以内)も多いです。

しかし、なぜ…

年末にお部屋探しする人はそこまで多くありませんが、不動産業は時期のせいには出来ないんです。

でも、心の中では、どうしても時期のせいにしてしまいます。

一つ思い当たるのは、千葉の物件は家賃が安いのです。かつ都心に出やすいメリットがあるため、問い合わせは多かったりします。

しかし、千葉の問い合わせが急に止まる事もあります。
長期安定して、問い合わせ・入居率を上げるのは難しいですね。

この答えが分かってたら、どの不動産会社も苦労はしませんよね(*_*)

物を売るときも似てる
物を売るときもそうですが、時期も多く関係してます。

ただ、よく分からない例が、アイスを食べるのも、冬に食べる人だって多いです。(自分もそうですが…)

夏に海の家でラーメンを食べる人だっています。あれは、海の家という「場所」がそうしてるのかもしれませんが。

ただ、冬にかき氷やっても、なかなか売れないと思います。アイスは売れるのになんでなんでしょう。書いてて自分で思いました(´・ω・`)

飲食のマーケティングは、奥が深すぎます( ゚Д゚)

いつも気になっていたのは、夏になると都内でかき氷専門店がテレビでよく取り上げられますが、冬になったらどうしてるんでしょう…短期で店舗借りて撤退してるのかな…

お部屋探しのタイミング
この時期にお部屋探しをスタートするのは、絶好のタイミングでもあります。空室がある又は空室予定の物件が見つかるからです。

情報収集は何事にも早いほうがいいですが、年空けてから「気になっていた部屋がない」とか、「余りの部屋しかない」のは非常に苦痛なことだと思います。

理想の部屋が、必ずしも見つかるわけではないので、ある程度妥協は必要かもしれません。しかし、やっぱり住むところなので、出来るだけ妥協点は少ないのがいいですよね。

というわけで、引っ越し自体が2〜3か月後先でも気になる物件は、お気に入り登録する、又は実際に見に行ってみましょう!!

※スマホでずっとタイプし続けるのは疲れるヽ( ̄▽ ̄)ノ笑

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 20:10 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

部屋探しのために店舗まで行く必要がない

※この記事は、2018年2月25日に更新をしています。

こんにちは、只今嫁にお昼ご飯を作ってもらっている間に更新しちゃおうと…僕です。

昨晩家に帰ってきたのは23時頃…繁忙期に向けてというのもあれば、超問題入居者の対応でこの時間になりました。
管理がメインなので、そうゆうことまでします(´・ω・`)

繁忙期に向けては、サイトの見直し・写真撮影・物件清掃など諸々あります。

ダウンロード.jpg

そこに内覧や事務作業が入ってくるので、不動産はやっぱり大変だなと思う。
でも他社に比べたら圧倒的に楽だと感じるところもある。

この時期でももちろんお部屋探しのお問い合わせが入りますが、「入居時期が来年2月です」「3月頃検討しています」という方が多いので、中々契約に繋がらず(TT)

この時期、どこも忙しいのが不動産業。
お部屋を探す人もいれば、引っ越しをする人もいます。
人が最も多く動く時期ではないかと思います。

問い合わせのメールや電話、来店も多くなってきます。
そうなるとてんわやんわするのは、営業なのは言うまでもないです・・・

こういった経験ありませんか?
「ネットで探すのが面倒だから、実際に店舗に行って、営業さんに希望条件の物件を探してもらおう!と思って、店舗に行ってみたら混みあっていて、なかなか相手してもらえない・・・」

皆さん考える事は同じです。
「ネットで見るより、店舗いって案内してもらったほうが楽」
「ネットだと写真が見づらかったり、初期費用がいくらになるか分からない。見積もりが欲しい」

ネットのおかげで便利になった時代とはいえ、まだまだ面倒なところはあります。

新しい部屋を探す。でもめんどくさい・・・
僕も必ず住みたい地域の不動産屋さんに行きます。

分からない事があってもその場ですぐ聞けるし、実際に内覧に行くことも出来るので、スピーディーに感じるからです。

もちろんインターネットで、そのエリアの相場を調べた上で店舗に行きます。

しかし、
「お店まで行く時間がない」
「交通費がかかるしな〜」
「そもそもめんどくさい」

という方は、多いかと思います。
インターネットでお部屋探しも、suumoやホームズなど見ればたくさんの物件を見る事が出来ますが、気になる事があってもすぐに聞けなかったりするので、一方的な検索になります。

そのような問題を解決してくれるのが「チャット不動産」です。



返信対応時間は、朝9:30〜夜0:00時のため、仕事が遅くなるという方でも相談出来たり、お部屋探しが出来ます
チャットであれば、時間も交通費も節約が出来るので、とにかく楽です。

(電話は9:30〜21:00まで)

(もちろん、内覧や契約は現地に行かないといけません!)

面白いのが、サイトに飛んでみると、ページ横に「専門スタッフ〇名オンライン・待機中」と表示があります。
それを見て、混み状況が分かります。
要するに、「今ならすぐに返信がある!」という状態が分かるので、チャットでもストレスなく相談が出来るので、非常に便利です。

電話だと長電話になったり、お客さんがよく理解していないと営業さんの口調も少しずつ強めになっていくのを感じるという話を聞いたり、インターネットの口コミとかで見たことあります。

対象エリアは「ほぼ」全国

こういったサービスは関東圏のみの案内かと思ってました。

下記エリアで対応してくれます。


・東京

・神奈川

・埼玉

・千葉

・大阪

・京都

・兵庫

・奈良


ただ、「アパート」や「マンション」を紹介してくれるというだけでなく、コンセプト等でも絞れるので、理想に近い物件を探す事が出来ます。

・アパート

・マンション

・一戸建て

・高級賃貸マンション

・タワーマンション

・デザイナーズマンション

・ペット可

・女性専用

・シングルマザー向け物件

・バリアフリー

など。

(一部エリアを除く)


チャット不動産「イエプラ」

東京都豊島区にある不動産会社で、設立は2010年とまだ若い会社ではありますが、HPを見ると社員は450人とめちゃくちゃ多いです。さすが、関東・関西の物件を紹介してるだけあります。

Yahooや、めざましテレビ、朝日新聞などにも取り上げられ、さらに「4年連続ベストベンチャー表彰」を受けているそうです。

お部屋探しを考えている人は、今から始めたほうがいいです。
来年考えている方もそうです。

来年に入ってからお部屋探しを考えている人は、時すでに遅しですよ!

自分がいいと思った部屋は、数日経ったら失っている可能性があります。
年内に目星をつけて、早めに内覧・申し込みまで進めたほうがいいと思います。

今は、アルバイトを応募するにも、LINEでも出来ちゃうくらい気軽になってるこの世の中。
働くためにこんな緩い方法を使っているくらいなら、お部屋探しも気軽にストレスレスに探せるほうがいいと思います。

うちの会社も似たようなことできないかなーって…
何か違った方法で集客とか出来ないかなーって…

昨日のヤフーニュースでは、終日営業してたファミレスなどが24時間営業をやめるだとか、朝活で早めに出勤して早めに帰宅するなど、さまざまな職種・企業が今までのやり方を変えて効率よくまわすようになってきてます。

やはり時代・需要に合うように供給者も対応しなきゃいけないですね



最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

posted by 2歳児のパパ at 13:09 | Comment(0) | 不動産・部屋探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする