2018年02月09日

好きな番組はなんですか?僕は警察24時です。

こんばんは、僕です。

今日は、千葉県にお仕事行ってきました。
高速道路を使っていきましたが、どうやら今日は交通安全日だったようで、いろんな場所で警察の方を見ました(´・ω・`)

いやー、みんな捕まってましたねー。どんまいです(-_-)

警察を見てて、ふと思い出したのが「警察24時」という番組。
どの局かは忘れましたが、見れる時は毎回欠かさず見てます。

gatag-00000132.jpg

皆さんは、この番組面白いと思いませんか?
僕は、ドはまりしてます!笑

何が面白いかは2つ理由があります。
@別の職業が気になる
これは、警察じゃなくてもいい理由です。
僕は、大学を卒業してからシェアハウスという業界に飛び込み、ずっとシェアハウスの仕事をしているため、シェアハウス以外の仕事の知識については、ほぼ皆無です。
不動産業(賃貸)が少し分かる程度です。

別の職業が気になる理由は、他の職業の人が「仕事に対してどうゆう姿勢で取り組んでいるのか」です。

それこそ「プロフェッショナルの流儀」も好きです。
いろんな業界の人の考え・理論・理屈・仕事に対する姿勢について取り上げられる事が多いからです。

勉強にもなりますし、「自分が転職するならこれ!」という方向性も見出せる事もあるからです。
「これが出来るから、こうゆう事が出来る」
「これが出来るから、こうゆう結果に繋がる」
「これをするために、こうゆう準備をする」
など、自己啓発に役立てる事も出来ます。

僕は、警察24時を見て、「警察になりたい!」って思いました。
(実際は、年齢制限もありますし、上下関係厳しそうなので。体育会出身なのに、こうゆう日本的なところは嫌いなんです。)
彼らは、残業代も恐らくないでしょう。
ある意味「何でも屋」です。
課によりますが、事件も扱いますし、市民を守ったり、サルを捕まえたりもします。

A警察という身近な職業
2つ目の理由は、警察は至るところにいます。
警察の主な仕事の中心になっているのが、「悪い事をしている・した人間を捕まえて、二度と悪い事をしないよう罰を与える」のが根底としてあると思います。
(小学生みたいな考えですが・・・)

ただ、みんなも同じことを感じたことはあるかと思いますが、特に悪い事をしているわけではないのに、警察の人が近くにいるだけで、ドキドキしたり目線が泳いだりしたことがありませんか?
なんででしょうね・・・

悪い事をしてないんだから堂々とすればいい、という事分かっています。

市民や町を守るのが警察なのに、その警察にびくびくする自分がいます。

警察24時で見た警察のすごいところ。

・パトカーで巡回している時、行動が怪しい人を即座に見つける。
(そうゆう人を見かけて、職質をしてみようとなるまで数秒。警察の勘というか経験は半端じゃない)

・対向車線を走るバイクのスピードメーターを見る事が出来る。
(すれ違いざまに見て、スピードメーターが壊れているなどを目視出来てしまう。ちなみに僕はバイクに乗れません)

・自転車に乗っている人に声を掛けたら、被害届が出ている自転車だった。
(なぜ分かる・・・乗っている人の目線や行動に不審なところを見ての声掛けだろうが、同じく警察の経験だろうと。)

警察から疑われたら、100%の疑いを晴らさないと太刀打ちが出来ません。
彼らは疑うのが仕事です。
また、警察の言う事は絶対でもあります。

以前、番組で見たのは、交通機動隊に密着している時で、携帯を使用していた乗用車を止めました。
もちろん、車の使用者の人は「使っていない」と言い張ります。証拠はないだろ、と。

警察の人は、「携帯を使用したのを見たから、お声がけして止めさせていただきました。私が見ました。それだけで十分です。」と。

テレビなので確実に携帯を使用していたのは確認出来ますが、もし自分が止められた立場だったら、同じ言い訳するだろうし、納得もしづらいかも(-_-)

そしたら警察の人は、「認めないのであれば、別の書類を書いてもらいます。」といいます。

結局、警察に目をつけられたら、逃れようがないという事です
いい意味でも悪い意味でも。

電車での痴漢行為やその他事件でも、認めるまで帰らせないという話も昔はあったようで・・・
結局は、自分で対抗できる術は常に持っておく必要があります。

身近にいる警察は、普段は味方?かもしれませんが、ふと気を抜いた時に自分の敵になりかねないです。

なので、僕は警察がいつまでも味方であってほしいので、警察24時など警察に関わる番組を見て、情報収集して日常生活に役立てられるように研究してます( ..)φメモメモ

■まとめ
人に迷惑をかけている人は、やはり許せません。
ただ、一般市民である以上、出来る事は少ないです。
警察のように訓練を受けているわけでもないですし、警察のように権力を行使する事も出来ません。

僕が住んでいる目の前には、比較的大きな道路があります。
しょっちゅう暴走族が走っています。
暴走族が通るたびに、「どうにかならないか」といつも思います。

市民のために、もっと幅広く動いてほしいと切実に思っています。(´・ω・`)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

p.s GTA(Grand Theft Auto:グランドセフトオート。アメリカの何でもありな社会的問題ゲーム)の世界が自分にだけ、1日だけでも舞い降りてくるなら全ての権利を駆使して、取り締まりたい。。。

あと、一般道や高速道路でスピードを出している人に言いたい。
急いでるんだったら、法定速度で走ろうよ・・・スピード違反で捕まったり、事故を起こすと余計に時間かかりますよ。安全運転でいきましょ!

スポンサーリンク



posted by 2歳児のパパ at 23:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。