2017年12月07日

TOEICスコアアップのために。(少しガチ)

シェアハウスという言葉が広まり始めて数年が経ちますが、色んなシェアハウスが世の中にはあります。

ホテルを改装したシェアハウス(ハウスなのか?)、社員寮を改装したシェアハウス(一般的)、戸建てを改装したシェアハウス(文字通りハウスをシェア)。

これらは、構造上のお話ですが、普通に誰かと住居をシェアするだけじゃつまらない!この考えに基づいて生まれたのが、コンセプト付シェアハウス。

IT企業に勤めている人が住む、IT特化のシェアハウス。
シングルマザーだけが住むシェアハウス。
猫好きが集まる猫シェアハウス。
などなど。

中でもメジャーなのが、英会話に特化したシェアハウス。これ大体どこもやってます。英会話の先生をしている住人さんに家賃割引を条件に、他の入居者に英語の授業をするなど、世間の需要に合わせたシェアハウスが増えてきています。

僕は、マーケティングの仕事もしているため、ヤフーでシェアハウスの記事が掲載されたら、分かるようにしています。(といっても、フォローしてるだけ)

たまたまヤフーを見てたら、珍しくシェアハウスの記事が更新されてたので見た内容がこちら↓

スクールウィズという会社が、シェアハウス「ENGLISH Camp」を東京都目黒区にオープンするそうです。
 
その名前の通り、英語キャンプということで、主にTOEICを中心とした勉強が出来るシェアハウスらしい。

英語教育や日本法人のグローバル化が進むにつれ、ビジネス英語を徹底的に伸ばしていくというコンセプト。

学生時代、一人で勉強する人も多かったと思いますが、なかなか勉強に対する意欲や気持ちを継続するのが難しかったという方も多かったと思います。
 
このシェアハウスの狙いとして、各入居者に対する指導を受けつつ、勉強仲間も出来るため、継続して勉強げ出来る環境が整っているというもの。
 
入居費は14万8000円で、家賃、水道光熱費、共益費、Wi-Fi、清掃月2回が費用に含まれている。全室個室で、家具家電は用意されているのでカバン1つで入居できる。

費用に関しては手数料等も込みだと思いますが、目黒区に住み、かつ英語を徹底的に勉強することが出来るため、リーズナブルと取る人もいれば高いと取る人もいるかもしれません。

学生にとってはかなりきついかもしれませんが、英語が必要な企業に勤めている人にとっては、安いかもしれませんね…

英会話スクールを調べたことはありませんが、住居費と英会話スクールに通うことを考えれば、住みながら勉強出来るのは非常に効率的に感じます。
 
入居開始時期は12月15日以降とのことで、もうすぐですね。うちもやりますが、オープン記念割引で、安く入居が出来、お試しすることが出来るようです。 

うちもコンセプト付物件やりたいですが、維持費やその他諸々面倒なことが多いんですよね…コンセプト通りに回らなかったら、ただのぼったくりですからね。

世のビジネスマン必見でっせ。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク



posted by 2歳児のパパ at 21:54 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: