2017年11月21日

大塚家具: 預貯金90億円が2年弱で吹っ飛ぶ

いやー、景気はどこも厳しいようで…

大塚家具の社長と前社長の親子喧嘩は、まだ記憶に新しいかと思います。

うちのシェアハウスは大塚家具という高価な家具を入れているわけではないので、詳しくは知りませんでしたが、社長が変わってから、会員制を止めたり、まとめ買いから単品でも購入できるようになったりと、より購入意欲が増すようなシステムにしたにも関わらず、売り上げが伸びず。

一見、この変化は期待出来るものかと思いますが、どうして売り上げが伸びなかったのでしょうか。

いくら親子喧嘩があったからといって、そんなに影響があったのでしょうか。

まぁ、家具だけでいったら、ニトリやIKEAなど低コスト高品質のものもあれば、高級志向の海外ブランドもネット通販の普及でバリエーションは広がっているのも一つの影響ですかね。

結局どの業界も価格競争なんですよ。アベノミクスとかありましたが、結局上場企業とかの給与が増えたところで、みんな貯蓄するんですから、一部の人しかお金は出したくないんですよ。

うちの社長にも言いたいですが、家具なんてその道のプロや買った人にしかクオリティーや価値が分かるわけがない。

家具に限りませんが、本当に好きな人しか高いお金を出すんですよ。

競合はやはり増えています。
価格を下げたところで、どの程度採算がとれるか…原価とか高そうですね、大塚家具は…

シェアハウスは、ある種の賃貸になるため、家賃抑えめにしてその家賃以上の価値を出すことが出来れば、大体入居してくれます。

これもどの業界にも言えますけどね。
100均のダイソーとか代表的だと思います。

大手でも何が起こるか分かりませんね…
メーカーも経営不振で、社員を切ったため、社宅が空いてるのでシェアハウスとしてどうですかという電話もよくあります。

世の中どうなってんだか。

今の時代、絶対的な力を持つのはやはりITですかね。勉強しますか。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク



posted by 2歳児のパパ at 21:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: